輪島中サッカー部

能登地区中学校体育大会兼県中学校サッカー大会予選

昨日は決勝トーナメントを観戦してきました。
会場 : 宝達志水町民サッカー場

617-01.jpg
準決勝前

準決勝 10:30~

  輪島中 3 - 1 中能登中

午前中は微風快晴でサッカー日和でした。
後半終了10分前までは一進一退のゲームでしたが、輪島中が2点目を入れた頃から一気にゲームの流れが変わっての快勝。
決勝進出と県大会出場を決めました。

決勝   13:30~

617-03.jpg
宝達中(白)ー輪島中(赤)

617-02.jpg


両チームとも2試合目となる決勝戦。

前半早々に輪島中の連係ミスから失点を許す試合展開。
さらに追加点を奪われて前半終了。

前半に2点をリードされたこともあり、後半も覇気のない試合展開。
輪島中もシュートは放っているんですが、ゴールネットを揺るがすことなく試合終了。

 輪島中 0 - 2 宝達中


県大会まで約1ヶ月。
練習でしっかり選手同士の連携を図ることと、真夏の試合になるので、しっかり体力を付けることが必要になります。

県体では自分たちの持てる力を思い切り出し切って、中学校サッカーを締めくくって欲しいと思います。
がんばれ! 輪島中サッカー部!

 
スポンサーサイト

都市計画道路

輪島市の都市計画道路「本町宅田線」

工事着手を凍結していましたが、ようやく今年度からの着工が決まりました。

中央通り~輪島高校前通り
実施設計費  51,750千円

616-03.jpg

616-02.jpg

様々なイベントの多くがマリンタウンで開催されますが、工事が完成すると金沢方面からマリンタウンへのアクセスが格段に良くなります。

都市計画路線は住宅街を通るため、建物補償や用地取得に多額の経費を要しますが、関係者の協力をいただいて早期の開通を待ちたいと思います。



616-04.jpg

昨日はアユ釣りの解禁日。
昨日の昼前まで雨でしたが、晴れ上がった午後には河原田川に竿を下ろしていました。


 

科学技術白書

政府は12日、昨年度の「科学技術白書」を閣議決定しました。

それによると、人材力、知の基盤、研究資金といった科学技術・イノベーションの「基盤力」に多くの課題が上がっています。
近年の日本の研究力の低迷ぶりは如実に表しています。

[各国政府の科学技術関係予算の伸び具合(00年比)]

 中国    13.48倍
 韓国     5.1倍
 米国     1.81倍
 日本     1.15倍

中国が圧倒的な伸びを見せているのに対し、日本はほぼ横ばい状態です。


注目度の高い研究分野への参画度合いも日本は低迷しているとのこと。
新しい研究分野への挑戦はより不足しています。


615-04.jpg

そんな中でも、ips細胞による「再生医療」を異例の速さで強力に後押ししています。
平成13年1月から10年間で約1,100億円の研究支援を決定しています。

研究費の選択と集中。
しかし、ips細胞に偏重した再生医療は、世界の中ではトップランナーとは言えないのが現状だといいます。

「科学技術立国」として経済大国となった日本。
一部の研究だけに特化することなく、様々な分野の研究についても支援体制を早急に構築すべきではないでしょうか。

有名大学の研究室に支援が集中しているのも問題です。
各大学等の研究室からの研究費申請をしっかり検討し、将来性のある研究には十分とはいかなくても研究費を支給できる制度を確立する必要があると思います。



616-01.jpg

今朝はワールドカップ観戦。
午前3時からの予選リーグ1回戦。

 ポルトガル 3 - 3 スペイン

サッカー名門国同士の対戦は一進一退の好ゲームでした。
ワールドカップ期間中は寝不足になります。

18歳成人

成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が参議院本会議で可決・成立しました。

明治9年以来146年ぶりの改正だそうで、2022年4月1日に施行予定。

民法改正により、年齢ではなく「成年」「未成年」で区別を定めた約130の法律は、自動的に区別の基準が「18歳」になります。
ただし、飲酒と喫煙は健康への配慮から「20歳未満禁止」は維持されます。

18歳から成人となると、様々な権利と義務が生まれてきます。
4年後には施行されるので、現在の中学生から周知させることが必要でしょう。

18歳成人によって、今後様々な分野で問題が起こるかと思います。
まずは、成人式。

107-06.jpg

これまで20歳で迎えていた成人式。
2022年の成人式は、ひょっとしたら18歳・19歳・20歳の合同成人式になる可能性もあります。

地方自体でも様々な混乱が生ずることでしょう。
条例も多岐にわたって改正が必要になることは必至です。

民法に限らず、国で法律の改正があると、地方自治体でも関連する条例はすべて改正せざるを得ません。

「18歳成人」で、若者の意識がどれだけ変わるのか疑問ですが、法律的には明確に権利と義務が付与されることは確実です。



615-03.jpg

いよいよロシアW杯が開幕し、開幕戦は地元のロシアが登場。

  ロシア 5 - 0 サウジアラビア

格下のロシアがサウジアラビアに完勝し、地元ロシアは大きな盛り上がりだったことでしょう。

 

スポーツ選手の年収

「世界で最も稼ぐスポーツ選手」100人ののランキングが発表されました。

第1位は、元プロボクサーのフロイド・メイウェザーで約313億円。
世界最高峰といわれる総合格闘技団体の1試合だけで、そのほとんどを得ています。

609-01.jpg


第2位  リオネル・メッシ  約120億円      
第3位  クリスチアーノ・ロナウド  117億円

609-04.jpg


最新のランキングに入った100人の年収総額は約35億ドルだそうです。
競技別では、米プロバスケットボールリーグが最も多く40人、次いでナショナルフットボールリーグが18人。
野球が14人、サッカーが9人、ゴルフが5人、ボクシングとテニスが各4人となっています。


日本人選手では…2人が入っています。
 錦織圭   35位  約38億円
 田中将大  95位  約25億円


今回は女性選手は一人の入っていません。

主要なスポーツリーグで活躍する選手の年俸が飛び抜けて高額に上がっていることを証明しています。

有名選手には、スポンサー収入など多額の報酬も入ります。
選手としての年俸よりスポンサーからの収入が多い選手もいるんでしょう。


国内では、プロ野球選手の年俸が他のスポーツ選手を圧倒しています。
サッカーや他のスポーツ競技においても早く人気・年俸とも追い付いて欲しいと思います。

 

梅雨入り

全国的に梅雨入りし、昨日は降ったり止んだりの一日でした。

エゴノキも満開です。

610-04.jpg


昨日は質疑質問の締め切り日でした。
午後の議会運営委員会で発言順が決まりました。

6月18日(月) 10:00~
  小山 栄・西 恵・下 善裕・鐙 邦夫

6月19日(火) 10:00~
  一二三秀仁・坂本賢治・高田正男・上平公一


※ 両日はインターネットやケーブルテレビで生中継されます。
   また、どなたでも議会での傍聴ができます。



612-05.jpg


昨日は史上初となる米朝首脳会談がありました。

唯我独尊の色合いが濃い両首脳同士の会談です。

限られた時間の中での首脳会談では、初会談でもあり明確な核放棄や拉致問題解決への糸口が見えて来ません。
今後、懸案の諸問題解消には相当な時間を要することは必至だと思います。

それでも朝鮮半島の和平への第一歩と捉えるべきなんでしょう。

米朝会談が行われた今、日本も米韓依存の外交から脱却し、日本独自の対北朝鮮外交を展開する時期にあるんだと思います。
核問題しかり、拉致問題しかり。

外交は会談全ての内容を公にすべきでないことは理解するものの、史上初となる首脳会談は北朝鮮のペースで進められたように思えてなりません。

 

6月議会開会

0612-01.jpg


昨日から6月議会が始まりました。

10:00  本会議開会

議事日程に先立ち、北信越市議会議長会及び全国市議会議長会からの表彰状の伝達。

  在職40年表彰    中山 勝
  在職15年表彰    高田正男
  正副議長在職4年  森 正樹

議会議案第3号として、竹田一郎市議に対する「議員辞職勧告決議」案が提出され、賛成多数で可決されました。

  賛成  拓政会所属議員10名・鐙邦夫
  退席  高田正男
  反対  下善裕・上平公一・坂本賢治

その後、市長から提出された議案の説明を受けて休会。


本会議終了後、議員全員協議会が開催されました。

1. 各委員会の活動報告
2. 執行部からの提出資料の説明
3. 今後の委員会等の日程
4. その他

[ 提出資料 ]
 1. 市政懇談会に日程(門前地区)
 2. 風力発電事業に係る計画段階環境配慮書について(環境対策課)

611-01.jpg

「(仮称)輪島ウィンドファーム事業に係る計画段階環境配慮書」の縦覧について

  縦覧期間   5月22日~6月21日(木)
  縦覧場所   石川県庁・奥能登総合事務所
           輪島市役所・門前総合支所・輪島市立図書館
  事業者     電源開発(株) J-POWER
 事業の概要 
    事業目的 : 風力発電
    事業予定地 : 三蛇山、佐比野山周辺
    想定面積 : 約676.5ha
    発電容量 : 90,300kw(最大)
    風車台数 : 最大21基
             ローターの直径:約100~130m
             ブレードまでの高さ : 125~163m
    工事期間 : 約3年間

 3. 市道路線に認定について(土木課)
 4. 耐震改修事業の改正及び新たな助成制度の創設について(都市整備課)

  ・ 既存建築物の耐震改修事業
     限度額150万円を助成
  ・ 居住誘導促進事業
     居住誘導区域に家屋を新築する際に100万円補助
  ・ 空家等利活用推進事業
     空家の購入・改修  1/2 100万円限度で助成
     空家の除却      1/2  50万円限度で助成

詳細については、各担当課へお問い合わせ下さい。
  

 

道路愛護

610-01.jpg


昨日は道路愛護ということで、町内総出で県道や市道の草刈り・清掃作業を行いました。
県道・市道と数キロに及ぶ道路の草刈り。
涼しかったお陰もあり、約3時間ほどで終了しました。

610-02.jpg

道路沿いにはユリの花が咲いており、花だけ残しておきました。

次回の道路愛護はお盆前の予定です。



ここ数年、町内の田畑でイノシシ被害が拡大しています。

今年度は、補助事業で電気柵を予定していますが、すべての田畑に設置できない可能性があり、その他の防御策を取らざるを得ません。

607-01.jpg

そこで用意したのが「イノシシOUT原液」です。

  10リットル  200倍希釈  ¥28,000円

強烈な苦味・辛味・渋味・煙嫌臭・いぐみの合成剤です。
匂いを嗅いでみましたが、イノシシの匂いより我慢できるほどでした。

梅雨明けに各農家に配布する予定です。
イノシシ被害に対し、この原液散布によって少しでも効果があることを願っています。

 

漆芸の未来を拓く

609-10.jpg


漆芸の未来を拓く
  - 生新の時 2018 ー


昨日の午後は輪島漆芸美術館へ。

大学や大学院で漆工芸を学び、今春卒業及び修了した皆さんの作品を展示しています。

 出展者:18名
 作品数:34点
 
昨日は出展者によるギャラリートークやシンポジュームなどが行われ、全国7大学の学生さんなどが参加してました。

ギャラリートーク前に、世界初漆塗りサクソフォンのミニコンサート。
サックスカルテット『JG(ジェイジー)』

609-08.jpg

609-06.jpg

609-07.jpg

昨日の参加者もサクソフォン四重奏に聴き入っていました。
今日の午後2時間コンサートを漆芸美術館で開きます。(無料)


午後1:30からギャラリートーク。
18人の作者が自分の作品について解説(2分/人)

609-05.jpg


午後3:35からはパネルディスカッション。
(コーディネーターと卒業及び修了生6人のパネリスト)

609-09.jpg

「漆芸の魅力を伝える」をテーマにしてのディスカッションでした。

講義室には170名ほどの参加者がいたでしょうか。
私も約1時間余、後ろの方で立って傍聴していましたが、熱心に聞き入る若者が多いことに驚きました。


・ 漆だけでも輝ける素材 ⇒ 魅力的である
・ 表現に多様性がある ⇒ 艶と光
・ 各工程における変化に魅力を感じる


国内で漆を学ぶ人が増えているとのことでした。

輪島漆芸美術館で同企画展は11年目だそうです。
全国から同企画展のために漆に魅せられた漆芸家の卵が輪島に集結した一日でした。

/strong>く
  

議員辞職勧告決議

0612-01.jpg


昨日の午後、急遽の議会運営委員会並びに議員全員協議会の招集がありました。

議題は、県漁協の不適正な支出で問題になっている竹田一郎市議に対する「議員辞職勧告決議」の提出について。

この問題については、4日開かれた全員協議会でも「議員辞職勧告」についての議論がありました。
竹田議員から議員辞職の意志があると聞いていたので、議長の下で慎重かつ適正に対応するよう求めていたところです。

その後、竹田議員から22日付けで議員辞職届を提出する意向確認をしているにも関わらず、11日から開かれる議会初日の冒頭に「議員辞職勧告決議案」を議員提案で出すとのことでした。

提出者・賛成者は、議長を除く「拓政会」の議員10名。

議会事務局に確認した所、竹田議員の政務活動費は領収書が揃っていて何ら問題ないとのことです。
県漁協も未だ告訴に至っていないのが現状で、逆に竹田議員が総代会の決定無効を訴えて告訴しています。


政治家の政治的、道義的責任は常についています。
政治倫理にも照らして自らの出処進退を明確にすることは言うまでもありません。

しかし、今回の事案に対して竹田議員からの弁明を一切聞くことができていません。(病気療養中のため)

この事案は報道による「推定有罪」だけで、法的には未だに訴訟すら起きていない状況下です。
この時期に議会で「議員辞職勧告案」の提出には違和感を持たざるを得ません。

22日に議員辞職届を提出するというなら、それを待って辞職届を粛々と審議すれば良いんだと思います。


竹田議員は合併後の輪島市議会第2代議長の時にも逮捕されています。
その時は、議長の職を辞していますが、市議の辞職はなく今日に至っています。
ちなみに、その当時は「議員辞職勧告決議」はありませんでした。


私もこの問題発覚後は、多くの市民の方々から批判の声を聞いています。
しかし、告訴された訳でもなく、逮捕された訳でもない今、「議員辞職勧告決議」は時期尚早で、提出者や賛成者の他意を感じてなりません。

いずれにしても、このまま竹田議員から辞職届が提出されなければ、11日の本会議冒頭に「議員辞職勧告決議案」が採決される予定です。

なお、「議員辞職勧告決議」が可決されても、法的な拘束力はありません。

 
NEXT≫
プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム