FC2ブログ

高校総体(インターハイ) 県予選

マリンタウン


高校総体・石川県予選が先週から始まり、今日は輪島高校や航空石川も試合があります。

5月31日(木)

輪島会場(マリンタウン)

 10:00  県立工業 : 鵬学園
 11:30  遊学館  : 金沢高専
 13:00  野々市明倫: 金沢商業

航空石川会場

 10:00  航空石川 : 星  稜
 11:30  鹿  西 : 宝  達
 13:00  金沢伏見 : 金  沢

和倉会場

 14:30  輪島高校 : 松任高校



輪島高校は和倉会場で、強豪・松任高校と対戦。

航空石川は母校のグランドで、県内最強の星稜高校と対戦します。

平日ではありますが、時間のある方は是非とも会場へ出かけての応援をお願いします。
 
スポンサーサイト

昨日の議会報告

議員全員協議会での報告

・ 5/22 19名で宮古市を視察
・ 2基新設の焼却施設等で、204t/日処理
・ 木質系可燃物 77万t(内広域処理 29.5万t)
・ セシュウムは自然界に存在しない。
・ 美谷クリーンセンターの焼却炉補修・バグフィルターの交換をする。

・ 輪島病院の医療ミスによる損害補償の経過報告。
・ 北海道・石狩市との友好都市提携
・ 6/9(土)開催の原子力防災訓練の内容報告。




6月議会・内示の主なもの

・ 東北地方被災地へのキリコ担ぎ出し 335万円
・ クリーンセンター補修費等    7000万円
・ 大沢漁港改修          5000万円
・ 自動車学校の車両購入・コース設備改修  8000万円
・ 千枚田・駐車場等整備     31122万円
・ 旧・三井駅裏整備        6625万円
・ その他含め、補正予算合計  約78000万円

この他に市の条例改正もありますが、これらの議案について6月議会で議論されます。

説明の後、決められた時間の中で各議員から質問もありました。

美谷クリーンセンターの焼却炉補修とバグフィルターの交換等については、7月中に完了させたいとのことでした。

各議案の詳細な説明や質疑・質問は、6月議会での議論になります。

100回目の投稿に

日々雑感を書き綴って3ヶ月近く、100回目の投稿になりました。
私なりに感慨深く思っています。
訪問していただいてる皆さんには、心から感謝しております。

今日は、6月議会での議案内示があります。

その前に開かれる議員全員協議会では、がれき調査の報告や今後の方針を示すと思われます。
 


輪島市内の主産業が低迷している中で、さまざまな施策を提案し執行することは大切です。

しかし、放射性物質を輪島に搬入することは、どうしても私には理解できません。

市民や環境への悪影響だけしかない、そんな大きなリスクをなぜ強いるのか。

市民へのリスクを排除するのが行政の基本的な責任のはずなのに、そんな基本的な倫理観と責任感がどこかに置き去りにされてしまっています。

これも長期政権の悪弊なのかもしれません。

今後の市民生活にとっては重大な問題でもあり、「がれき受け入れ」を実施する前に、市長自らが「住民投票」を実施すべきだと思います。

とりあえず、今日の報告を聞きます。

今週末は 輪島市民まつり

市民祭り



いよいよ、今週末には市民まつりです。

かつては、大洪水からの復興祭で始まったようで、当時は各地区から神輿や獅子舞が参加しての「ふるさとまつり」の様相でした。

最近では、残念ながら各地区で少子高齢化が進み神輿も出せなくなりました。
しかし、趣を変えての市民まつりも、また違った新たな賑わいを創出しています。

能登半島地震以降の花火は、県内でも有名になっています。
特に今年は、13000発の花火で賑わいそうです。

一昨年、東京輪島会の皆さんも花火大会を見て驚いていました。
東京・隅田川の花火より近くで見えて、迫力がすごいと絶賛していました。

花火も良いですが、私は、保育所や小中学生によるドリル演奏が好きです。

そして、輪島市美術展を観るのも。

輪島市民まつりを見るのも、これまた市民まつりへの参加だと思います。

皆さんも是非出かけて楽しんで下さい! 

シニア・サッカークラブ始動

マリンタウン



今日は石川県スポーツレクレーション大会が金沢市・二日市多目的グランドで開催されます。。

石川国体の翌年から開催されていて、40才以上の選手だけが参加できる大会です。

輪島シニア・サッカークラブも第一回大会からの連続出場です。

今年は、県内在住の精鋭?16名の選手が参加します。

私は、その精鋭チームの監督。

結果よりもレクレーション精神を尊重しての試合を、そして試合後の懇親会を楽しみに頑張ってきます。。(^_^)v

原発からの脱却

福島原発の事故から1年以上経過した。

この間、原子力安全保安院や安全委員会に対する国民の信頼は完全に失墜し、御用学者の烙印を押されたままで何ら機能していない。

菅総理は脱原発依存を言い放って失脚したが、その後の野田総理では脱原発について全く議論が進んでいない。

と言うより、雄弁な野田総理は、根拠のないままに原発の再稼働により積極的である。

福島原発事故の原因究明さえ未だ解明できていないのに、経済界からの要望と電気料金の値上げによる電力会社の脅迫的な姿勢に呼応している。

福井県・大飯町議会が原発の再稼働を議決した。政府の要請があってのことだろう。

それほど、経済界や電力会社からの政治献金が多いのは大きな問題だ。

福島原発の事故を機に、ドイツは脱原発の道を選択した。

「より安全なエネルギー供給に関する倫理委員会」を設置し、リスクを抱えた原発の利用に「倫理的根拠がない」と結論付けたのが決め手になった。

これまでの日本には、原発の稼働について「倫理」が入り込む余地がなかった。

利害関係者への手厚い配慮だけが優先されてきたようだ。

福島原発事故が東日本の広範囲に被害を及ぼし、多くの被災者を出している。

被災者・被災地への補償には莫大な予算を要することは確実で、西日本において再度このような原発事故が発生すれば、日本経済とともに国民生活自体が破たんすることは明白である。

経済至上主義の崩壊は明らかで、国民の安心・安全と生命・財産を守ることを第一義に考えるべきである。

地震列島日本では、原発の安全神話は完全に崩壊している。

与野党を問わず、国会議員は真剣に考えるべきだと思います。
 

参議院議員・橋本聖子さんと・・・

病院



27日の日曜日、金沢で「統合医療」についての研修会に参加しました。

ゲストは橋本聖子・参議院議員。

彼女は、スピードスケートと競輪の選手としてオリンピックに7回出場しています。
参議院議員3期目で、当初はスポーツ界の知名度を利用したアイドル議員かと思ってましたが、最近の彼女の活動には強く共感するところがあります。

「統合医療」という聞き慣れない言葉ですが、今後の日本の医療改革に一石を投ずる課題です。

現在の日本において、生活習慣病や感染症の蔓延をはじめ、国の年間予算の約半分が医療費であり、年間1兆円のペースで増え続けています。

そこで、この「統合医療」は、病気の原因を多くの視点からみつめ、その人に最もふさわしい治療方法を考えるとともに、「自然治癒力」「自然良能力」を高めて病気を予防し、生活の質の向上をはかるとのこと。
いわゆる、病気になる前の予防医療に重点を置くということです。

これには、与野党を問わず政党や族議員に強い発言力をもつ「日本医師会」という高いハードルがあるとも言ってました。

華やかなスケート選手であった橋本聖子議員ですが、小学校3年生の時に生死にかかわるような内臓疾患で3カ月近く入院。
17歳の時には、その内臓疾患が再発し再入院。
18歳でオリンピックに出る前に、何度も闘病生活をした経験がありました。

そんな彼女も、今では3男3女の母親です。

思春期に大病を経験した彼女ならではの政策でしょう。

小さく華奢な身体からは想像もできないくらい、日常の食生活等の必要性について強い信念で熱く語っていました。

食の安全性が求められていますが、私たち一人一人が安全な食品に関心を深めていく必要もあります。
そのことが医療費の削減につながり、惹いては家族の健康にもつながります。

金髪のゴリラ 本田圭佑

本田        本田2




昨夜のアゼルバイジャン戦で、本田圭祐が背番号4で久しぶりに帰ってきた。

少々生意気にもみえる「有言実行の男」で、「金髪のゴリラ」のニックネーム。

昨夜は格下の相手だったが、さすがに安定したボールキープ力で得点に絡んでいた。

昨年までの背番号は18番だったが、昨夜は4番を背負っていた。

与えられた18番を捨て、新たな背番号を探すとは面白い男である。

本人は10番を希望していたが、すでに決まっていたので3番か4番をということで、まずは3番をつけていた駒野に当たったが断られる。
次に4番をつけていた栗原に当たってみると、すんなりと譲ってくれたので4番・本田に。

こんなわがままを通せるのも、本田の存在感の大きさゆえだろうか。

ロンドン五輪に、オーバーエイジ枠で本田が召集されるのかは未定だが、この男がいるとトップ下でボールがキープできるので期待が大きくなる。

本田を含め、男子サッカー選手が海外チームで活躍することが多くなったが、そろそろ日本のクラブチームで活躍してもらいたいと思う。

海外の選手が日本のクラブチームに行きたいと思うようなJリーグに。

日本のサッカーファンも期待していると思う。



委員会での行政視察

都城・滝
都城市・関之尾滝


21日~23日にかけて、鹿児島県・霧島市と宮崎県・都城市を視察してきました。

霧島市は、雄大な霧島連山を有しており、日本で最初に国立公園の指定をうけています。

昨年1月に噴火した新燃岳は今も活動を続けています。

今、霧島市と環・霧島連山の5市・1町が連携して、「世界ジオパーク」の認定を目指しています。
「ジオパーク」とは、ジオ(地球)とパーク(公園)を意味しています。

ユネスコが支援している事業で、自然景観や地質遺産の保護・保全に加え、それらを利用して科学・防災教育や地域活動に役立てるというものです。

輪島市の「世界農業遺産」と同趣旨の、美しく貴重な自然公園を目指していました。

時間がなくて霧島国立公園は見れませんでしたが、午後には隣の宮崎県・都城市での視察の後、「日本の滝100選」に選ばれている「関之尾滝(せきのおのたき)だけ見てきました。

鹿児島・宮崎両県にまたがる取組なので、市・町での取り組みには、予算面や意識でも温度差があり、取りまとめには苦労しているようでした。

火山の噴火も活発で大変ですが、雄大な国立公園を郷土の大きな財産として保護するとともに、地域社会の活性化に寄与させていくとのことでした。

私たちも、能登4市4町が「世界農業遺産」に認定されたことを誇りに思うとともに、しっかりと後世に継承していく責任を痛感しています。


能登空港の搭乗率向上もあって、往復とも羽田経由の行程でした。
中一日の視察でしたが、学ぶべきことが多く、有意義な視察だったと思います。

帰りの便では、がれき調査団」と一緒になりました。
地元区長さんと、少しだけ情報交換を・・・。


AKB48 選抜総選挙

またまた、AKB48選抜総選挙を利用した商業イベントが開催されます。

それも、6月6日フジTVが3時間の生中継をするんだとか。

選挙権を得るために、また数百枚のCDを買う若者が善意の犠牲者になりそうです。

もっと熱くなれることはないのかと思いますが、彼らにすれば、要らぬおせっかいなんでしょうね。

このイベントは、生産性のない巧みな商法です。

一方では、韓流スターを追いかけるオバチャン軍団もいます。

それだけ、日本は平和なのかもしれません。(-.-)

こんなことが気になる、時代遅れの私です。


今日から、東京スカイツリーが開業します。
大いににぎわいそうです。

がれき調査団 宮古市へ

がれき受け入れを前提にした調査団が、今日から岩手県・宮古市へ向かいます。

地元の区長さんや関係団体の皆さんを同行させての調査団です。

燃やせる木材がれきは、現地で建設中の焼却施設で対応可能なのに、何故こんなに前のめりになるのか。

放射性物質が広範囲に拡散されていることが徐々に判明している中、さらに全国に拡散する意図が理解できません。

まして、はるか遠くの輪島市まで持ち込む理由さえ不透明です。

能登半島4市4町が「世界農業遺産」に認定されたことが、これからの輪島市の歩むべき道をを示しています。

そんな現実を封殺してまで、市民にとってリスクしかない危険な選択をしようとしている。

その背景には何か別の思惑があるとしか考えられません。

その思惑が何であれ、放射性物質を含んだがれきが搬入されてからでは手遅れです。

あとの後悔 先に立たず。

これからの輪島市を担う世代に、大きなリスクを負わすことはできない。

将来に禍根を残さないようにすることが、今を生きる私たちの最大で最低限の義務だと思います。

輪島市が被災地に対する支援策は、別の方法がいくらでもあります。
 

季節は初夏

花


初夏を迎え、行動しやすい季節になりました。

花も次から次へと咲きほこり、落葉してた木々も若葉が芽吹く季節です。

穏やかな行楽日和の週末を迎えています。

今日は、永年携わっている議員連盟の研修で金沢へ行ってきます。


明朝は金環日食で賑わいそうです。
くれぐれも直視しないように気を付けて下さい。

太陽からの恵みも、時には凶器に変貌します。

一年の中でも過ごしやすい季節でもあります。

能登の自然を満喫して下さい!


ユーモアとは

様々な人生のトラブルやストレスが私たちの心を暗くする時、ユーモアのセンス次第で簡単に気分を変えることができます。

人間同士のコミュ二ケーションにおいて、会話を弾ませるためにもユーモアが大切です。

そんなユーモアにも守るべきルールがあるようです。

 ・ 独りよがりであってはいけない。
 ・ 人を傷つけてはいけない。
 ・ 人を馬鹿にしてはいけない。
 ・ 人を悲しませてはいけない。
 ・ 人を差別してはいけない。

相手の立場を思いやり、自分と相手を対等として接する人にしかユーモアのセンスはないと言われています。

特定のユーモアは、人を不愉快にしたり、時にはセクハラになることもあるから要注意です。

ユーモアとは、この世の不条理や人間の悲しさを知ったうえで、「・・・にも関わらず笑うことである」

大変厳しい時代になりましたが、ユーモアを持って生きていけたらと思います。
 

語学の大切さ

ツツジ
前庭のツツジが2色で咲きました。

中学・高校と6年間も習った英語。

それでも英会話はできません。

今では英会話が必要な時代だと思います。

複雑な日本語、文法も習っていない3歳児でも片言ながら話せます。

日本の英語の教育は、英会話に変えるべきだと思います。

昨日の夕方、FBにスペインから友達リクエストが届きました。

何気なく承諾しましたが、スペイン語は分かりません。(・・?

インターネットの普及で、全世界の人と交流する機会があっても、今の私の語学力では如何ともしがたいのが現実です。(-"-)

文部科学省や学校現場の皆さんは気付かないんでしょうか。

私の勉強不足もありますが、日本の英語教育には問題があると思います。

川澄奈穂美が漫画に

川澄4 川澄1




「なでしこジャパン」の川澄奈穂美の半生が、昨日発売の「少年サンデー」で漫画化された。

なでしこのキセキ 川澄奈穂美物語

かつては、浦和南高校の永井良和(元日本代表)をモデルにした「赤き血のイレブン」が初めて漫画化され、テレビ放映もされた。

もう知っているのは私の世代以降かもしれません。

その後、「キャップテン翼」

今回、女子サッカー界から川澄が初めて漫画化されるという。

やはり、昨年のワールドカップ優勝の効果は大きい。

ワールドカップでは、川澄はサブとしての起用だったが、決勝戦までには「ヒロイン」にまでなってしまった。

今では、テレビコマーシャルにまで登場する人気者になった。

彼女のブログを時々見ているが、まさに今時の女の子です。

厳しい環境でサッカーを続けてきた女子サッカーの選手たち・・・。

この漫画掲載により、より多くの少女たちがサッカーを始めるきっかけになるかもしれません。

とりあえず、「少年サンデー」を読んでみます。


NEXT≫
プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム