FC2ブログ

200回目の投稿

3月6日に「日々雑感」を書き始めたブログでしたが、もう200回目の投稿になりました。

輪島市議会の動きや日常の活動の中で、日々感ずるままに書き込んできました。
閲覧していただき、ありがとうございます。
時には、思いがけない人から「ブログ見ましたよ!」と声をかけていただき驚くこともあります。

市民の皆さんにも案内のあることや、議員にしか案内のない行事にもできるだけ参加して、その報告も兼ねて書き込みしてきました。
何事にも、これまで以上に関心を抱くことができたように思います。

なお、匿名の方からのコメントもありますが、匿名だとすべてを話すことができません。
実名の方には、それなりにお答えできるかと思います。

人の感性はそれぞれですが、まずは現場に入り見聞を広めながら自らの感性を磨きたいと思っています。
これからも、「日々雑感」を感ずるままに書き込んでいきます。
今後とも よろしくお願いします。
 


スポンサーサイト

パラリンピック開幕

いよいよ、パラリンピックが始まりました。
早朝4時半からの開会式。
日本選手団は、17競技134名の選手が参加します。

知的障害のある選手、身体障害のある選手が出場します。
健常者から身体に障害を持つことを余儀なくされた選手が、心身の苦難を乗り越えてパラリンピックに出ています。
それだけでも凄いことだと思います。

マスメディアは、話題にもしていないのは残念です。
オリンピックでは、あれほど放映時間があったのに、パラリンピックに至ってはダイジェスト放送だけ。
すべてが商業主義に走ってしまった現実を見るようです。
これが、先進国・日本とは本当に残念です。

空転を続けている国会より、今を頑張っているパラリンピックの選手に焦点を当てる方が、国民にとってはより有益だと思います。

報道も、もっと感性を磨く必要があります。
国民を堕落させないためにも・・・。
 

9月議会の内示

昨日は、9月3日から開会される議会で提案される議案内示がありました。

補正予算総額  486,214千円

歳出予算の主なもの

・ 特産品の開発・販売等           20,555千円
・ 千枚田イベント開催費            9,100千円
・ 新・火葬場に係る負担金         174,748千円
・ 美谷クリーンセンター(排水処理施設費)  70,000千円   
・ 新設するハウス農園への補助金       10,000千円
・ 豚舎新設補助               26,300千円
・ 飲食・宿泊施設への漆器購入補助金     44,900千円
・ 道路橋梁整備事業             56,805千円
・ 除雪機械格納庫整備等           32,050千円
・ 既存建築物耐震改修費補助         36,900千円
・ 石狩市への小学生派遣費           2,300千円
その他

新・火葬場建設に向けて、ようやく予算化されました。
用地費 13,000千円は全額輪島市が負担します。
建設費は、輪島市:75%  穴水町:25% それぞれ負担します。

美谷クリーンセンターの排水処理施設の建設も予算化され、今年度中の完成を見込んでいます。
数年間放置されたままだった排水処理については、美谷町・光浦町との「受入れ協定」に沿って早急に整備するのが当然です。

議会での審査状況については、後日改めて報告します。
 

走り方教室

DSC_0967走り方1

今日、マリンタウン競技場で「走り方教室」がありました。
午前の部・午後の部、それぞれ1時間30分で行われました。

ミズノスポーツのスタッフがコーチです。

DSC_0983走り方3   走り方2 
・ ウォーミングアップ
・ ウォーキング
・ 腕振り練習
・ ミニハードル
・ 変形ダッシュ

走り方5   走り方6

・ 最後は50メートル走の計測

暑い中でも子供たちは頑張っていました。
中にはコーチの話を聞かない子も・・・。

秋の運動会には、教室の結果が出ますように!
 

北朝鮮訪問・・・

輪島大祭が終わり、夏休み最後の日曜日も終わりました。
なんとなく一抹の寂しさと倦怠感の残る月末です。


故・金正日総書記の専属調理人を務めた藤本健二氏が、先月21日から北朝鮮を訪問しました。

訪問した経緯は、自宅近くのコンビニで北朝鮮関係者とみられる男から声をかけられ、北朝鮮への招待を受けたそうです。
国内に北朝鮮の支援者が平然と暮らしていることに、大きな疑問と脅威を抱くのは私だけでしょうか。

それはさて置き、金正恩体制に移行した今、北朝鮮の変化が見え隠れしているように思います。
今回の招待の真意は分かりませんが、日本に対する何らかのアプローチでしょう。

北朝鮮とは国交が断絶したままですが、これまで未解決だった拉致問題の解決の糸口になるかもしれません。
日本政府として安易な対応は危険だと思いますが、非公式であろうと様々な機会を捉えて拉致被害者の早期解放に向けて取り組むべきだと思います。

一切の情報がないままでの北朝鮮で、拉致被害者の皆さんは、必ず日本に帰れると信じて待っていることでしょう。

国内にいて平穏な生活の中にある私たちも、この現実を決して忘れてはならないと思います。
 

少年の主張「輪島大会」

少年の主張 少年の主張2

昨日は輪島市内の中学生による「少年の主張」がありました。
全校登校日での参加だそうです。
文化会館大ホールには保護者の皆さんも大勢来ていました。

市内5中学校から、1・2・3年生がそれぞれ1名づつ参加して計13名が発表しました。
女子が11名、男子が2名でした。
各自の発表時間は5分間です。

自分の夢や体験で感じたこと、親や家族への感謝の言葉など、それぞれ堂々と発表していました。
輪島大祭の翌日でもあり、傍聴席では熟睡している生徒も。
静聴できずに小声で話している生徒も数人いました。

一番多感な時期の少年少女の意見発表が聞けて良かったです。
 

原賠法改正 先送り

政府・民主党は、原発事故の損害賠償を定める「原子力損害賠償法」の改正案を見送ると報道されました。

東京電力の賠償支払いをスムーズにするため、一年前には暫定的な法律を作っています。
原発事故の損害賠償の支払いにあたっては最も早期に必要な法案です。

これまでは、電力会社が全額負うこととなっていたが、例外規定があり、「異常に巨大な天災地変」が起きた場合には賠償を免れるということです。
そこで国の責任をどこまで認めるかで調整がつかないのが理由です。

原発事故から1年半が過ぎようとしているのに、損害賠償の法案が成立しないのは大きな問題です。
そんな中で大飯原発が稼働していることは、もっと深刻な問題です。

被災者への損害賠償を一日も早くすべきです。
明日が見えない生活ほど苦しいものはありません。

政局がらみで国会が混迷を深めています。
国民の政治離れが進んでいることを自覚すべきだと思います。


夏の一大イベント・輪島大祭も終わり、一抹の寂しさを感じます。
そろそろ農家では収穫の秋を迎えます。
 

輪島大祭(住吉宮)

昨夜は鳳至・住吉神社の大祭でした。

先輩の家でご馳走になり、いざ住吉神社へ!
昨年春に拝殿を焼失した住吉神社ですが、各町内からキリコが集結してました。
 


神輿 宮司DSC_0886
住吉神社の神輿と追随する宮司さん

鳳至のキリコは、何故か新橋を2往復します。
昔から、河井に対しての競争心でしょうか。^_^;
道中では、子供が打つ太鼓にも大きな声援が飛びます。\(^o^)/
 


キリコ新橋 DSC_0913太鼓を打つ子供


そして三角州に集合!
松明に点火しました。
 


キリコ三角州

昨日会えなかった幸美ちゃんと合流!
多くの友達が話しかけてくれました。
 


北岡DSC_0925


輪島大祭も今夜の輪島崎が最終日。
今夜も観てきます!
 
   



輪島大祭(重蔵宮)

昨夜は河井町の祭りでした。

重蔵神社の近くの友人宅で飲んでいました。
8時半頃に弟から重蔵神社に着いたとの連絡があり、賑わってる境内を探し回り、東京輪島会の寺沼会長とメンバー一行、それに、昨日から来ていた中国の水墨画家・傳 益瑶(ふ えきよう)さんと合流しました。

神輿の出発とともに松明のあるマリンタウンに向かい待っていました。
 


神輿 寺沼DSC_0855               写真右  左:傳 益瑶さん  右:東京輪島会会長 寺沼 幸子さん


マリンタウンで待つこと2時間。

待ってる間に、若者の喧嘩が目の前でありました。
また、マリンタウンの交差点で、キリコを回してる最中に弾き飛ばされた人が救急車で運ばれました。
何事もなければ良いんですが。
来客も輪島のまつりの裏側を目の当たりにしました。
 


キリコ 松明

ようやくキリコが揃い、松明に点火しました。

最後までいたのは久しぶりでした。
祭り見物も疲れます!

昨日から来ていた姉妹都市・萩市の議員団も観に来ていたようです。
 

東京で頑張っている女の子

真澄


昨日の北陸中日新聞の朝刊で紹介されました。

輪島市出身の 切り絵作家・保下真澄 28才

実家が近所ということもあり、彼女を小さい頃から知っています。
もちろん両親とも。

そんな彼女が一面使って紹介されました。

2年前、大阪で開催された母親との2人展にも誘われましたが、地元の行事と重なって行けませんでした。
今は東京で活動しているようです。

芸術の世界で生き残るのは厳しい。
そんな中でも頑張ってもらいたい。

将来は輪島に帰り、自然豊かな輪島の景観を作品にして欲しい。
わがままな願望です。
これを機に、さらなる飛躍を期待しています!



今日の輪島大祭には、東京輪島会の皆さんが中国の水墨画の大家を伴って来てくれます。
「日本のまつり」を題材に作品を書いてるようで、実際には輪島大祭を観てからになるそうです。
弟も同行して来るので、夜はどこかで合流します。
 

残暑が厳しいです

さるすべり2

庭の百日紅(さるすべり)がたわわに咲いています。

今年の夏は暑い!

今日から25日まで輪島大祭です。
輪島の暑い夏の、熱い祭りです。
今夜から私も夏祭りを徘徊します。^_^;
 



さるすべり

一度に咲かずに順番に花が開きます。
百日紅の花は、春の桜に劣らないほど綺麗です。
今月いっぱいは順番に花びらを付けそうです。

夏も様々な花からも癒やしをもらっています。
 

志賀原発への視察

北電2  北電1

昨日は、会派の市議と志賀原発の視察に行ってきました。
入り口では、身分証明書の提示を求められるなどセキュリティ対策も厳しい。
午前10時から西野・北電志賀原発所長さんから現在の安全対策の実施状況の説明を受けるとともに、原発敷地内も同行して案内をしていただきました。
300億円の予算を投じて防潮堤の建設や電源喪失の際の対策に万全を期す準備をしていました。
来年1月を目途に活断層の有無の調査に着手予定です。

約2時間、志賀原発の取り組み状況を視察できました。
 



研修会

午後は、石川県・危機管理監室・原子力安全対策室で研修してきました。

橘室長や担当課長さんも同席いただいて、県の原子力防災対策についての取り組み状況等について研修してきました。
昨日の午後は県議会・総務企画委員会があり何かと多忙な中ではありましたが、私たちの視察研修に応じていただきました。

昨年の3月11日福島第1原発事故以来、輪島市民の大きな関心事でもあります。
昨年に続いての視察研修でした。

国の安全規制庁の発足が遅れているため、県も北電も対応に苦慮しているようでした。
原発事故から1年半経過しようとしているのに、未だにチェック機関ができていないのは大きな問題です。

私たちも原発や地質学の専門家ではありませんが、やはり現地に足を運んで直接見聞することで学べることも多々あります。
昨日の視察は有意義であり、今後の議会活動に活かしていきたいと思います。
 

U-20 女子ワールドカップ開幕

top-u20w-main_02.jpg

昨日から20才以下の女子ワールドカップが日本で開幕しました。

日本の「ヤングなでしこ」は3回連続4回目の出場です。

全6大陸から16の代表チームが参加します。
4グループ。各グループ4チームで予選リーグを行い、上位2チームが決勝トーナメントに進みます。

日本はAグループ。
メキシコ・スイス・ニュージーランドと同組です。

昨夜の初戦はメキシコとの対戦でした。
日本 4-1 メキシコ
後半ロスタイムの失点がなければ満点でした。

幼さを残す「ヤングなでしこ」
「なでしこジャパン」に続いてのワールドカップ制覇を狙って欲しいものです。
 

第25回交歓ジュニアサッカー大会

選手入場  宣誓
左:入場する輪島サッカークラブジュニア         右:選手宣誓する中尾甚一朗くん

昨日から静岡・富山・福井・石川県内から16チームのジュニアサッカーチームが参加して予選リーグを戦いました。
今日は決勝トーナメントで優勝旗を目指します。

昨日は猛暑の中での試合になりましたが、選手たちは暑さにも負けず元気に走り回っていました。
観戦している私は、熱中症になりそうでした。(>_<)

夜は、各チームの監督さんやコーチが一堂に会しての懇親会があり、サッカー協会の役員として山上会長と私も出席させていただきました。

懇親会 太鼓


会場設営や大会運営にご尽力いただいた保護者の皆さんに感謝です。
暑い中でお疲れ様でした!

スタッフ

招待試合によって、子供たちの友情や監督・コーチ陣の交流が深まるものと思います。
 

観光振興の模索

昨夜は縁があって、国土交通省・観光庁の部長さん、県の企画振興部の次長さんと懇談・懇親会で同席させていただきました。

観光庁は10月で4年を迎えます。
年間約100億円の予算ですが、その8割強の予算は外国人の誘客にあてられているとのことでした。

しかし、部長さんは地域の観光振興に熱意のある人で、「あるべき姿」論を展開していました。
改めての再会と、次回の提案を約束して別れました。

早朝には、小さな定置網漁に同行するそうでした。

日本酒を愛する会に所属し、昨夜は輪島の冷酒をすべて飲んでくれました。
私も付き合って酔っぱらいました。(>_<)

観光都市を標榜して久しい輪島市ですが、なかなか具体的な観光振興策が見いだせないのが現状です。
こんな機会を大切にして、いろんな人との交流を増やしながら、輪島の魅力の発信方法を学んでいけたらと思っています。

永く輪島に住んでいると当たり前に思っていることが、市外県外の人には大きな驚きと感動を与えることも多いと感じます。
漆器と観光、なによりも輪島の自然の食材は日本一です。
これらのコラボを模索したいと思っています。

来月には上京して、詳細な打ち合わせをしてきます。

観光庁の部長曰く・・・。
市民が心を同じくしている地域を応援したい!

まさに心を一つにしての街づくりが基本であるということです。
微力ですが、縁を結べるように活動してみます。
 
NEXT≫
プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム