FC2ブログ

IPS細胞・移植疑惑

東京大学・特任研究員の森口尚史(48才)氏が、ips細胞を使って世界初の治療をしたと発表しました。
しかし、ここに来て虚言だった可能性が大きく報道されています。

京大の山中伸弥教授が、ips細胞の開発によってノーベル生理学医学賞を受賞しています。

「虚言癖」には、

・虚栄心やうぬぼれから、自分を実際よりも大きく見せようと、ホラやうその自慢話をする。
・劣等感の変形と見なされている。
・病的になると、自分でも嘘か本当かわからなくなってしまう傾向がある。
・空想の自分像との同一視や、現実認識に支障が出る傾向もある。


とされています。

話題の森口氏は、山中教授のノーベル賞受賞により「病的な虚言癖」の可能性も出てきました。

メディアは一様に嘘だと確信したような報道をしています。
現状の報道や森口氏の発言からしても、誰もが虚言だと見ていると思います。
それも、東大の特任研究員という職責があったからでしょう。

一方で、この森口氏が「病的に重い虚言癖」だとしたらどうでしょう。
記者会見を開いて問い詰めるより先に、まずは精神鑑定をする必要があると思います。

嘘は良いことだとは思いません。
 

しかし、重い精神的疾患が原因での虚言であるならば、一日も早く治療に専念させるべきだと思います。
治療の後、改めて事実確認をすべきだと思います。
このまま追及を続けると、森口氏の一命を奪うことにもなりかねません。

報道の追求する姿勢を批判するつもりはありませんが、何事も過ぎると大事に至ります。

秋祭り

大屋地区の秋祭りが行われています。

秋祭り   秋祭り1


昨日は滝又町内の秋祭りでした。

冬期間は雪囲いが必要なので、神社の周囲は単管足場を組んだままです。
早朝から町内総出で拝殿や境内の清掃、午後からは宮司さんが来ての神事。

かつての秋祭りには、神輿や奉灯に獅子舞も出したんですが、今では高齢化が進み神輿も拝殿に据えるだけの祭りになってしまいました。
如何ともし難い集落の現状です。

それでも好天に恵まれての秋祭りで、祭り酒に酔っぱらった一日でした。

今日はとなりの町内の秋祭りです。
収穫を祝っての秋祭りは、まだまだ続きます。
 

第11回 MOA美術館 輪島児童画展

輪島漆芸美術館で表彰式がありました。
市内10小学校から307点の出品でした。
 


児童画   児童画1

表彰式前に、マリンバのミニコンサート。
竹宮純子さんが演奏してくれました。
子供たちも保護者の皆さんも聴き入っていたようです。


コンサート   コンサート2


表彰式の様子です。
吉岡教育長・大宮議長・漆芸美術館の坂下課長も出席してくれました。
 


児童画3   児童画4
講評をする審査員の小田原延子さん             最優秀賞を受賞した町野小・勝又凛さん親子のスピーチ

坂本優佳   加波小虎
輪島市長賞の河井小・坂本優佳さん             輪島市議会議長賞の河井小・加波小虎くん

上記写真の他、教育長賞・漆芸美術館長賞・審査員特別賞・金賞・銀賞・銅賞・佳作の各表彰がありました。

この児童作品展は、芸術や文化活動を通じて創造性や感受性をより豊かにするとともに、将来を担う子供たちが心身ともに健やかに成長することに寄与できればと考えています。

輪島漆芸美術館の皆さんにも大変お世話になりました。
ありがとうございました。
 

観光都市・輪島

あぜの灯り


昨夜は「千枚田あぜの万燈」で賑わったようです。

かつての千枚田は4,000枚の棚田があったそうです。
「世界農業遺産」のシンボル的な存在になりました。
現在は、1.004枚をして千枚田景勝保存会や棚田オーナー、それに多くのボランティアの協力で守ってきました。
多くの方々の思いがあって守られたものです。

漆器と観光が基幹産業の輪島市。
千枚田の存在は大きいと思います。

11月10日から100日間、LED電球で「あぜのきらめき」が始まります。
千枚田の自然が、私たちに大きな癒やしを与えてくれます。

稲作の苦労や景勝保存会の努力が報われる時でもあります。

キリコ会館も今日から営業を再開するようです。
観光都市・輪島としては、市民全員が個人的利益の追求だけではなく、本来の「おもてなし」の心を持って観光客を迎えることが必要だと思います。
 

自然農法 サツマイモ堀

昨日は、大屋保育所・年長組22名の子供たちと、5月に植え付けをしたサツマイモの収穫をしました。
好天に恵まれて、子供たちも元気に芋ほりをしてました。
 


芋ほり9 芋ほり8

芋ほり6 芋ほり13


収穫後は、地元・縄又町の集会所に行きました。
植え付け時の写真や成長の過程をパワーポイントで紹介しました。

その後は、サツマイモ入りの蒸しパンを茶菓子に抹茶をいただきました。
 


芋ほり12 芋ほり3

芋ほり2 芋ほりDSC_1363

昨年までは、自然農法産の野菜一杯のメッタ汁を試食したんですが、昼食を食べなくなるという事でサツマイモは持ち帰ることにました。

大屋保育所としては最後の卒園児。
来年は1年生になりますが、健やかな成長ができますように!
子供たちから元気をもらった一日でした。


* 今夕は、千枚田 あぜの万燈(あかり)です。
   千枚田が賑わいそうです。
   シャトルバスが運行されます。

* 明日は、漆芸美術館でMOA美術館・輪島児童作品展の表彰式があります。
   10時からマリンバのミニコンサートもあります。
 

   

敬老会

昨日は滝又校下の敬老会でした。
75才以下の方が出席してました。
会場は真行寺。
 


敬老会3 敬老会2


今年も、下黒川町の女性有志でなる「みずばしょう一座」の皆さんが、寸劇や踊りで楽しませてくれました。
この一座は、衣装を曲に合わせて自前で作ります。
振り付けも自作自演で、毎週のように練習を重ね、ボランティア活動を続けている団体です。

演目
 ・ 女の華祭り
 ・ 冬の日本海
 ・ 勘太郎月夜
 ・ 学生時代
 ・ 秋田おばこ
 ・ 黙って俺についてこい

その一コマを紹介します。
 


敬老会6   敬老会8

敬老会7   敬老会9


駐在さんと郵便配達員さんも指名を受けてカラオケです。 

敬老会   敬老会4


敬老会の参加者も、手伝いのお母さんもカラオケタイムです。 

敬老会5 10敬老会

10時から3時間の懇親会。
和やかな中で終わりました。
田舎ならではの敬老会でした。
 

輪島・里山里海まつり

里山里海まつり

今度の日曜日・14日は、わじま・里山里海まつりです。
収穫の秋、輪島の山海の幸が揃います。

かつての農林漁業まつりです。
来月の「カニまつり」に先駆けてのイベントです。

「世界農業遺産」でもある輪島の食材を満喫して下さい。


* 今日の10時から、滝又小校下の敬老会です。
   私もお祝いの席に行ってきます。
 

小中学校の統合

松陵・上野台・三井の3中学校の統合が決まりました。
現在は、統合中学校の新名称を募集しています。
歴史は繰り返し、「輪島中学校」になるんでしょうか。


西保小 西保4

ここに来て、西保小学校の統合問題が浮上しています。

西保小学校の今年度の在校生は12名。
来春に6名が卒業すると、来年度は7名になるようです。

小規模校は子供の情操教育面では優れていると思います。

県内外には、いじめなどで苦しんでいる子供たちがいると思います。
すばらしい環境の西保小学校で、子供たちの情操を育める学校として利用できないもんでしょうか。

地域や保護者の事情はあるかと思いますが、一度廃校にすると学校再会が難しくなります。
校舎はまだ新しく、築20年ほどです。
小学校を残せる方法を模索することも大切だと思います。
 

国の予算付け

9月議会で提案された予算の中で、総務省からの補助事業で「緑の分権改革・実証調査事業費20,555千円がありました。

その事業内容は、里山里海で採れた食材で新商品を開発するための実証調査です。
6次産業化への足掛かりです。

本来は、農林省か経済産業省の事業なんですが、今回は総務省の補助事業でした。
驚くことに、20,555千円の内14,270千円がコンサルタントへの委託料です。

全国にある地方自治体は、そんなことを知りながらも地域活性化になればと予算要求をし、予算付けがされれば事業に着手します。

コンサルタントは、概ね総務省OBが関与しているんでしょう。
こんな所にも国税の大きな無駄が出ています。
国の各省庁で同じようなことがあると思われます。

復興予算が被災地の再建と無関係な地域で使われた実態も明らかになりました。

国からの補助事業には、ほとんどが省庁の規制のある事業です。
国の補助事業をなくし、省庁からの縛りがない自治体独自で地域に合った事業を推進する方が、あらゆる面で無駄が無くせると思います。

官僚支配を打破するとは言葉ばかり。
政治家と官僚が国を破たんさせているとしか考えられません。

増税だけを決めて、あとの国会は停滞したままで政治空白が続いています。
官僚のやり放題を許している政治家の責任は重大です。


* 京大の山中伸弥教授がノーベル賞を受賞しました。
 医療や創薬への第一歩が始まる予感です。
 

体育の日

かつて、体育の日は10月10日でした。
東京オリンピックの開会式の日でしたが、近年は連休を増やすとかで祝日の日が変わってしまいました。
 



marinntaunn.jpg

昨日から、石川県庁のサッカーチームのメンバーが、マリンタウン競技場で合宿と試合を兼ねて一泊二日で来てくれています。
対戦相手は、輪島市のチームや奥能登のチームからも参戦しての交流戦。
私も所属しているシニア・メンバーも数人が参加しています。

県庁クラブの幹事は、ハーフタイムに晩御飯のメニューを注文していました。
輪島の旬な山海の幸を満喫してほしいと思います。
そして、輪島のサポーターになってくれることを願っています。

今日も9時から試合があります。
行楽の秋・食欲の秋・スポーツの秋を満喫できますように!
 

輪島塗の今後

稲忠漆芸堂が民事再生ならず、破産手続きに入るとの報道がありました。
民事再生の申請をした8年前にも、輪島の小さな漆器業者や職人さんが債権放棄をしています。
再度の債権放棄は大きな痛手で、下請け企業にも影響が出ないか不安な状況です。

昨年9月の大向高州堂の破産に次いで大手漆器事業者が倒産することになります。

バブル崩壊後には、多くの漆器職人が転職を余儀なくされました。
今回もまた、多くの職人さんが解雇され、地場産業の漆器業界はさらに厳しい冬の時代を迎えます。

先行きの見えない輪島の漆器業界。
輪島の基幹産業です。

数年後には、ユネスコの世界無形文化遺産に認定されるべく申請中です。


これまでの輪島塗本来の技術は伝承・保存すべきだとは思いますが、生活様式が大きく変化する中では、本当に必要とされる生活用品として、或いは、庶民が買い求めやすい価格の設定等に転換をしないと、輪島塗の技術が絶えてしまう恐れも出てきています。

漆器組合の理事長も新任されました。
大きな岐路に立たされていることを再認識して、業界全体の浮揚に向けて対策を講ずる時期に来ていると思います。

漆器によらず、技術の伝承・保存はどの産業界においても難題です。
しかし、その難題克服によってしか打開の道は拓けません。

 

ごみのポイ捨てについて

私の集落では年に1度、道路愛護で県道・市道を含めた生活道路の草刈りをしています。

沿道の草刈りしていると、毎年のように空き缶が捨てられています。
時にはポリ袋に入れた家庭ごみまで捨てられていることもあります。
残念なことです。

先日、河井の祭りの翌日早朝にマリンタウンに所用で行った時、何と6~7人の若い男性グループが捨てられたゴミを回収していました。
ただただ感心するばかりでした。

袖が浜をきれいにする会
市内の各商店街
自主的にゴミ拾いをする人・・・等々
多くの方がクリーン作戦を実行しています。


* 今日は金沢での講演会に行ってきます。

当たり前のような行為ですが、なかなか出来ない行為です。

自分のゴミは自分で片づける。
それぞれが気を付ければ輪島はきれいな街になります。
 

サイバーテロの脅威

eisei.jpg


ここ数年、日本政府や民間企業、大学へのサイバー攻撃が相次いでいます。

インターネットの普及とともにサイバーテロの脅威が増しています。
そのほとんどの発信先は中国からだといいます。

こんなにインターネットが普及していない時代に、サイバーテロによって戦争が引き起こされるという映画がありました。
まさに、それが現実の問題となりつつあるようです。

何気なく使っているインターネット時代ですが、最近では偽メールで銀行口座も脅かされています。

かつて、セキュリティを管理する企業を視察したことがあります。
政府の省庁や民間企業とセキュリティの管理契約をしていました。
しかし、ネズミ取りの取り締まりと同じく、次から次に新手で侵入してきます。

専守防衛の日本では、未だにサイバー攻撃に対する対策は何ら講じていません。
さらに、サイバー攻撃に対応する省庁さえ決まっていません。
世界のサイバー空間は無法地帯のままです。

本来は人間の倫理観が大切なことは言うまでもないが、国家戦略としてやっている国に対処しておくことが求められます。
日本としても早急にサイバーテロ対策を講ずる必要に迫られています。
 
 

時の流れ

「光陰矢のごとし」と言います。
この年になると実感できます。

「人間が感じる時間」の速さは、気分や年令等により変化すると言われています。

「未来」・「現在」・「過去」
時系列的に考えたことがあるでしょうか。

「現在・今」という時間は、瞬間に過ぎていきます。
そして、生きてきた証しが、記録や記憶の中で過去となってしまいます。

今があるから過去があるんですが、今が瞬間に過ぎ去ると全てが過去になります。
不思議な現実です。

何事もなければ、1日24時間という時間が与えられます。
平均的な人の睡眠時間は8時間と言われています。
人生の1/3は眠っていることになります。
あとの16時間をいかに有効かつ有意義に使うかで、人生は大きく変わってきます。


人間は平等だと言われています。
しかし、生まれた国や地域、民族や人種、貧富の差など、環境により様々な格差があります。

人間に平等に与えられているのは時間だけです。

人間に与えられた時間には限りがあります。
後悔のないよう、時間を大切に使って下さい。
 

保育園の運動会

先日、金沢・小立野の小さな公園で保育園の運動会があり、孫の応援?に行ってきました。 


保育園
開会前の公園


本当に小さな公園での運動会でした。

それでも未満児から年長組をいれると70名ほど。
園児が競技する周りには、保護者の皆さんがシートを敷いて陣取り、カメラやビデオ撮りに奔走していました。
いつもながらの光景です。

9時から12時までの運動会。
時折の陽射しも心地よいくらいで、初めて孫の運動会を観てきました。

私の娘たちの保育所や小学校の運動会を観た記憶がありません。
これも時代でしょうか。


* 今朝は飛鳥Ⅱが入港予定でしたが、天候不良のため中止になりました。
 
≪PREVNEXT≫
プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム