FC2ブログ

輪島中学校

中学校

12月議会には、新・輪島中学校の設置条例案が提出されます。

平成26年4月から松陵・上野台・三井の3中学校を統合し、輪島中学校とするものです。

設置条例案が可決されれば、26年4月から上野台中学校を仮校舎として3中学校の全生徒が修学し、松陵中学校を解体して新校舎を建設する予定です。

また、西保小学校は今年度で閉校となります。
今年度12名で、来年度は6名の生徒となることから閉校を決めたようです。

小学校

少子化が進む中で、個性ある教育環境が次々になくなる現実。
本当にこれで良いのか自問自答の日々です。
 
スポンサーサイト

美谷町の対応は

昨夜、美谷町が緊急の役員会を開き、「協定書」を無視した市長通達について、今後の対応を協議しました。

これまで30年間にわたり輪島市の一般廃棄物処理に協力してきましたが、協定書に違反した輪島市当局の強引なやり方に対し強い憤りを感じています。
そこで、震災廃棄物の搬入阻止を決議しました。

12月7~8日にかけて「震災がれき」の搬入及び試験焼却が決まった今、焼却場施設の「用地の賃貸借契約の解除」という最後の手段を講じざるをえない状況となりました。

今日、美谷町区長が記者会見で表明し、輪島市長に対して「契約解除の通知書」を提出する予定です。

施設用地の契約が解除されれば、焼却施設も埋立処分場も立ち入りができなくなります。

すなわち、市内の一般廃棄物は美谷クリーンセンターでは処理できなくなります。
市民生活にも大きな影響が出かねません。

輪島市は一日も早く平穏な中で「震災がれきの受入れ撤回」することを願います。
 

震災がれき問題

震災がれき受入れについて、梶市長が美谷町に対して合意のないまま一方的に「試験焼却」を通知しました。

今回は緊急性があるため、「協定書」による協議や地元合意は無視すると言います。

これまで30年間にわたり、輪島市内から排出されてきた一般廃棄物を引き受けて来た美谷町は、いったいどんな対抗策があるんでしょうか。

美谷町の先人たちは、苦渋の選択の中で焼却施設や埋め立て処分場を引き受けました。
そのなかで最低限の協定を交わしたと聞きます。

市長が交代しても、いかなる場合でも、地元との「受入れ協定」は守るという行政の継続性が原則です。

「震災がれきの受入れが嫌なら、裁判でも何でもやれ!」
こんな理不尽な言葉が梶市長の口から出るとは、信じがたく横暴極まりないことです。

長期政権を批判して市長選に臨んだはずの梶市長です。
まさか、自らの初心を忘れ去ったのでしょうか。

美谷町や光浦町は、こんな独善的なやり方に屈することがあってはならないと思います。
この強権発動に屈すれば、完全な独裁政権になるでしょう。

真に民主的な輪島市政を取り戻さなければなりません。

美谷町・光浦町の人が苦しんでいます。
 

12月議会の内示

昨日、12月議会に提出予定議案の内示会がありました。

内示資料のトップに、「震災廃棄物の試験焼却について」の資料がありました。
試験焼却の日程等について、まず冒頭に市長から説明があり驚くばかりでした。

12月7日(金) 輪島クリーンセンターへ搬入

12月8日(土) 試験焼却の実施

質問に対する答弁

市長は美谷町との「受入れ協定書」は無視すると断言しました。
その理由は、被災地のがれき処理に緊急性があるため試験焼却するとのこと。

地元住民と交わした「協定書」を無視することは、まさに地方自治の破壊であり、いかなる理由があろうと許されるものではありません。

私は、この強引な行政手法には断固として反対です。

今月20日に岩手県宮古市での状況を現地視察してきました。
震災廃棄物の仮置き場は、現存する住宅の場所から遠く離れていますし、その近くでは改築ができない規制がかかっています。
木質系の燃やせる廃棄物は、仮設焼却炉も含め現地の焼却施設での処理は十分可能だと思います。

市長の言う緊急性は、私には理解できません。

それより何より、これまで30年に渡って輪島市の一般廃棄物の処理場を引き受けてきた「美谷町との協定書」を無視した行政は暴挙としか言いようがありません。

今後の輪島市内から出る一般廃棄物の処理にも大きな禍根を残しかねません。

皆さんのお宅のゴミが1ヶ月出せなくなったらどうなりますか?
その可能性が大きくなりそうです。

輪島市民も自分の地域の問題として、しっかり考えるべきだと思います。


** その他の議案については、後日改めて掲載させていただきます。
 

晩秋の一本松公園

一本松2

一本松4 一本松3

一本松

秋晴れの一本松公園に行ってきました。

まだいろんな色が残っていました。
 

学校力&親力 向上セミナー

第3回 輪島市学校力&親力向上セミナーが、25日(日)開催されました。

1. 開会あいさつ        教育委員長
2. 輪島市の学力の状況報告   学校教育課長
3. 学校の取り組みの紹介
     河井小学校
     松陵中学校
     輪島高校
4. 講演            小森 邦衛
5.アトラクション        大屋小学校 ~輪島まだら~
6. 閉会あいさつ        
 


学校1   学校

学校3   学校2
講演する小森邦衛氏                       大屋小4・5年生による輪島まだらの披露

3回目となるセミナー。
内容としては、あまり訴えるものが無いように感じました。

参加者は、教員とPTA役員の皆さんかと推察しました。
このセミナーの開催にあたり、教員やPTA役員の割かれる時間等を考えると、3回目の節目にあたって考える時期かもしれません。

輪島にいる子供たちは、輪島にいる大人が責任をもって育てることには意義はありません。
しかし、同じメンバーだけしか集まらない行事については、その学校力&親力に期待をするには無理があると思います。

モデル校に指定されての取り組み発表を繰り返す教育現場。
発想の転換が必要だと感じたセミナーでした。
 

兵庫県への旅行

次女の中学校のバレー部顧問だった恩師が今春定年退職しました。

かねてから、「ふるさと兵庫県新温泉町の実家」を訪れたいと言っていたのですが、今回は私たちも先生の実家訪問の旅に参加しました。
22日午後10時に輪島を出発!
23日午前6時 鳥取到着!
 


旅行3   旅行2
鳥取砂丘                             砂丘美術館

旅行   旅行1
湯村温泉界隈                           夢千代館

旅行7   旅行6
出石城                               大手町通り

旅行4
天空の城 竹田城跡

24日午後10時に帰宅しました。

鳥取砂丘以外は初めて訪れた場所ばかりで新鮮でした。
特に竹田城は「日本のマチュピチュ」と呼ばれ、まさに天空の城跡でした。

香住町にいる専門学校時代の友人とも再会できました。

48時間のハードな旅行でしたが、12人での旅を楽しんできました。
 

言語の乱れ

「美しい日本語」が好きです。

私たちが何気なく使っている言葉は、知的活動や感性・情緒などコミュニケーション能力の基盤として、生涯を通じて個人の自己形成にかかわるとともに、文化の継承や創造にとって大変重要なものです。

しかし今、その日本語が乱れています。

子供たちを取り巻く環境が大きく変化する中で、言葉に関するさまざまな問題が起こってきています。

言葉の乱れが心を荒廃させ、道徳性の低下を招いたり、人間関係を壊したり、また言葉の力の不足により学力低下が進んだりしています。

そこには、美しく正しい日本語を使って対話をする機会がなくなって、言語で伝える内容が貧弱になっているように思います。
結果として、言語に関する感性や知識・技能などが育ちにくくなってる背景があると思われます。

今時の若者言葉が、私には読解できません。
新たな日本語ができつつあるのかもしれません。

地方の方言は別として、改めて「美しい日本語」のあり方について考えるべきだと思います。

国や県から来る通達の中には、カタカナ言葉が氾濫しています。
ごく当たり前に使われているカタカナ言葉。
まず、ここから削除する必要がありそうです。
今回の衆院選では、候補者も、「きれいな日本語」で分かりやすい公約を言って欲しいものです。
 

金沢・輪島会の発足!?

輪島ご出身の皆様と
輪島が大好きな皆様へ 

上記のあて名で、金沢近郊に在住する輪島出身者に案内をしています。

「輪島の会」
幹事で世話人をしているのが、サッカーの後輩で今でもシニア大会に参加してくれている池端良伸くんです。

ここ数年前から「輪島の会」を開催していて、私にも招待状が来ていたんですが、輪島での会合と重複するなどで参加できていません。

今年の「輪島の会」は

 12月9日(日) 18時から
          金沢ニューグランドホテル
          ビュッフェレストラン「ボロ」
 会費      5,000円

で開催されます。

輪島出身の方々と交流を深めるとともに、郷土・輪島を元気にするために協力したいとの趣旨です。

大変ありがたいことだと思います。

金沢近郊にお住まいの方がおいでましたら、ぜひ声をかけていただき参加してほしいと思います。

私も翌日は議会での質問通告締切日ですが、池端・幹事の熱い思いに応えて参加しようと思っています。


今日は「東京輪島会」の総会の日でもあります。
毎年の総会は、勤労感謝の日に開催されています。

宮古市・行政視察報告

11月19~21日にかけて岩手県宮古市の震災廃棄物の処理状況を視察してきました。
市議会「安全対策特別委員会」の視察でした。

盛岡市から東へ約100km、山越えしながら車で2時間で宮古市です。

視察したのは、鹿島建設を主体とした6社共同企業体の処理現場を視察しました。
 

宮古2   宮古4
                                    鹿島建設の担当者から説明   

宮古9   宮古6
選別プラント施設                         選別された木質材

宮古7   宮古8
群馬県へ搬出される木質材                   金沢へ搬出予定の漁網

木質系可燃物は、1日当たり280t選別され、宮古市で焼却処分されるのは1日当たり95tだとの説明がありました。
同市の焼却施設の稼働時間を聞きましたが、わからないと回答してくれませんでした。

現在、盛岡市、群馬県桐生市・吾妻郡、秋田県・大仙市及び東京都で広域処理をしているとのことでした。

宮古市内には3ヶ所の仮設焼却炉が建設されていますが、そこでの焼却処理数量については聞けませんでした。
単純に試算すると、同市内で十分焼却処理できると思いますが、大きな疑問が残ります。

津波による震災廃棄物は、燃やせない廃棄物が大多数です。

環境省では、今年度中に50%の処理を完了し、来年度中に完了する予定だそうです。

私の感想ですが・・・。

・ 最終処理計画が「緑の防潮堤」など明確に決まれば、もっと早期に処理できると思いました。
・ 可燃物処理も市内の焼却施設を有効に利用すれば早期に処理が可能だと思いました。

1年4ヶ月後に震災廃棄物の処理が完了しますが、広域処理には大きな「無理と無駄」があるように思いました。

数年後の検証を待つしかありませんが、災害特需に群がる輩がいること、そして大きな無駄が見え隠れしていることは残念です。

宮古市では、津波で流された住宅地は建築が制限されていて、元の場所での住宅の改築はできません。
将来的には高台移転になるようです。
 

宮古3   宮古10

港近くで1軒だけ柱だけ残った寿司屋さんが、店舗の改築ではなく修繕という形で営業を再開していました。
また、港には数隻のサンマ船が出航の準備をしていました。
 
                                     

ネット依存症

フェイスブックやツイッターなどの利用者が急増し、ネット利用者が5,000万人を突破。
それに比例して、ネット上のコミュにケーションにのめり込んで仕事や生活に支障をきたす「ネット依存症」「つながり依存症」に陥る人が増え、すでに500万人に達していると推計されています。

特にメールやチャット、匿名の掲示板は、不特定多数の相手と楽しめるため飽きることがなく、楽しんでいるうちにネットにはまり込んでしまうようです。

最近では、さまざまなゲームの普及とともに、依存症の低年齢化が進んでいるそうです。
保護者として、子供さんのネット利用時間を監視する必要もあります。

ある心理学者は、「ソーシャルメディアのつながりは、人々に不安定感を与える。注意しなければ精神に支障をきたしかねない」と警告しています。

医療機関でも、アルコールや薬物と同じ依存症だとして治療に乗り出しています。

私もfacebookとブログをやっていて、一日に2時間程度パソコンと向き合っています。

ネットの個人利用は2時間以内を目標にとされています。
「依存症」にならない程度で楽しみたいと思います。
 

激安ガソリンスタンド

スタンド
建設予定地

七尾輪島線沿い・横地町に、金沢の激安ガソリンスタンドが進出するようです。

金沢と輪島のレギュラーガソリンでは、1リッター当たり約10円の価格差があります。
円高とはいえガソリン価格が高止まりしています。

最近では、セルフサービスのガソリンスタンドが主流ですが、私は今でも一般の店を利用しています。
燃費の良い車に乗り換えたので、毎月のガソリン代は少ないんですが、雇用の確保の観点から一般の店を利用しています。

輪島のガソリンスタンドは、組合を結成して協定価格での販売かと思います。
ここに来て、格安ガソリンスタンドができると、ガソリン価格は大きく変わると思われます。

全国では、価格競争により多くのスタンドが閉鎖しています。

雇用確保に苦心している輪島市民は、さて、どんな選択をするんでしょうか。
 

12月議会日程

議会

12月議会の日程が決まりました。

11月26日   議案の内示
11月30日   委員会 

12月 7日   10:00  議会開会
                 議員全員協議会

12月10日   10:00  質問通告締切
                 議会運営委員会

12月17日   10:00  質疑質問
12月18日   10:00  質疑質問

12月19日   10:00  委員会

12月21日   10:00  議会運営委員会
         11:00  議員全員協議会
         14:00  本会議・閉会

* 請願・陳情の受付締切日  12月4日 17:00まで
 

盛況だった「かにまつり」

かにまつりDSC_0217   かにまつり1

今日は曇り空で風の冷たい日でした。

それでも「かにまつり」は昨年以上に大盛況でした。

10時頃に会場入りしたんですが、もう炉辺は満員で飲食ブースも買い物客でごった返していました。

かにまつり2DSC_0216
ブルーハワイの綿菓子を食べてる孫娘
寒さの中、孫たちと1時間ほど買い物をしたりして過ごした後は、会場を馴染みの喫茶・クロックに移して試食会をしました。
それにしても大勢の人が来場していました。
 

紅葉と落葉

ここに来て、一気に紅葉と落葉が同時に訪れています。

私が通っている沿道からの紅葉の一部を紹介します。
 


紅葉5
別所谷・神明山

この神明山は岩山で、原生林そのままです。
写真では表せませんが、この辺りでは一番美しい山だと思っています。
 


紅葉4   紅葉3
別所谷・帯壁の神社                       滝又・真行寺

紅葉を楽しめるのも、もうしばらくです。

輪島市内でも、紅葉のきれいな場所がたくさんあります。
晩秋の輪島の自然を探してみるのも良いかもしれません。


今日は「輪島かにまつり」です。
シケ続きで心配しましたが、ようやく出漁できました。
輪島港産の加能かにを食べてきます。
 

NEXT≫
プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム