FC2ブログ

のとじま水族館へ

昨日は娘の家族と「のとじま水族館」へ行って来ました。
お盆ということもあり超満員でした。

815-1.jpg 815-5.jpg

アシカとイルカのショーは立ち見が出ていました。
駐車場には県外の車も多く、「のとじま水族館」は全国的な知名度になっているようです。

815-3.jpg 815-7.jpg

815-4.jpg 815-6.jpg

815-2.jpg 815-8.jpg

時折雨の降るあいにくの天気でしたが、4時間近く水族館での時間を楽しんで来ました。
わが家も今日から静かな日常に戻ります。


今朝は雷雨になってます。
今日から明日までの日程で、「輪島招待ジュニアサッカー交歓大会」がマリンタウン競技場で開催されます。
昨日は保護者の方々や関係者で準備をしました。
雨が止んで好条件のピッチで試合ができますように!
 
 

終戦記念日

815.jpg

今日は69回目の「終戦記念日」です。

第二次世界大戦の終結を記念する日は国によって違いがあります。

1945年(昭和20年)8月14日 ポツダム宣言の受諾を通告した日
1945年(昭和20年)8月15日 昭和天皇が玉音放送で降伏を発表した日
1945年(昭和20年)9月2日  ポツダム宣言の降伏文書に調印した日

日本では8月15日を終戦記念日としています。
米・英・仏・加・ロシアでは、ポツダム宣言に調印した9月2日を対日戦勝記念日としています。

7月26日に米英中の3ヶ国はポツダム宣言を発し、日本軍の無条件降伏を要求しました。
日本はこれを黙殺すると声明した上で旧ソ連に和平講和を託していましたが、8月6日に広島、8月9日には長崎で原爆が投下されてしまいました。
8月14日の御前会議で昭和天皇がポツダム宣言の受託を決断し、ようやくの終戦に至っています。

当時の戦況からみて敗戦は時間の問題だったと思います。
トップの判断の誤りや遅れで日本は原爆を含め甚大な被害を被ることになりました。
私の祖父も満州で昭和20年8月17日に戦死しています。

私は戦後生まれですが、今の平和を享受できていることに感謝しています。
日々の生活の中で平和の大切さを忘れがちになりますが、この戦争のない平穏な生活こそが本当の幸せなんでしょう。
2度と同じ過ちを繰り返さないこと。
それが今を生きている私たちの責任だと思います。
 

♪ふるさと

故郷(ふるさと)
  作詞  高野辰之
  作曲  岡野貞一(不詳)

歌い継がれて100年になるそうです。

《 歌詞 》

1. うさぎ追ひし彼の山
   小鮒(こぶな)釣りし彼の川
   夢は今も巡りて
   忘れがたき故郷

2. 如何にいます父母
   恙(つつが)無しや友がき
   雨に風につけても
   思い出づる故郷

3. 志を果たして
   いつの日にか帰らん
   山は青き故郷
   水は清き故郷

日本人なら誰でも知っている「♪ふるさと」
1914年(大正3年)に、尋常小学校唱歌で発表されたそうです。

お盆を迎え、多くの方が故郷へ帰省していると思います。
わが家の娘たちも家族と一緒に盆と正月だけ帰省します。

志を果たして定年を迎えた人も多いでしょう。
いつの日にか帰らん・・・
帰ってきませんか、世界農業遺産の故郷・輪島へ!

814.jpg

今夜から輪島の三夜踊りが始まります。
 

水素で走る車

807-1.jpg

水素で走る次世代エコカー「燃料電池車(FCV)」を、ここに来て日本メーカーが販売開始する予定です。
トヨタは年内にも、ホンダは来年度、ニッサンは2017年度に販売すると言われています。

FCVの充電時間は3~5分、航続距離は満タン状態で500km以上となり、電気自動車(EV)と比べ、充電時間が短いうえに航続距離が長くなるといいます。
肝心の価格は、トヨタ・ホンダとも「1000万円以下」に抑えるそうです。

これを受けて政府は、次年度予算としてFCVの補助金として数百億円を盛り込む方針としています。

「水素エネルギー」は究極のクリーンエネルギーとなります。
この「水素エネルギー」を利用した燃料電池の開発が進むと、家庭用電力にも利用することが可能になると思います。
新たな産業として世界中から注目されることでしょう。

電力を原発に頼る日本政府や電力会社も、エネルギー政策を大きく転換する良い機会でもあります。
脱・原発に期待したいと思います。
 

ツール・ド・のと400

810.jpg

ツール・ド・のと400の参加申込期限が迫っています。

参加申込締切り日  平成26年8月20日(水)

 チャンピオンコース <定員> 1,000人
               <参加費>  30,000円

 1日コース       <定員> 各日 500人
               <参加費> 12,000円

   ※ 小学生は半額になります。

スタート地点
 1日目  石川県立自転車競技場
 2日目  輪島市マリンタウン
 3日目  能登島マリンパーク海族公園

全国の自転車愛好家を石川県に迎え、初秋の能登半島一周コースを自らの体力と気力で走ることを目的としています。

詳細については

  ツール・ド・のと400実行委員会のHPを参照して下さい。
     TEL  076-260-3581

9月13日(土)の午後から夕方にかけ輪島市マリンタウンへ入って来ますので、時間があれば歓迎に行きたいと思います。
今年もさわやかな「おかえりなさい」の声が迎えてくれることでしょう。
 


空き家対策

808.jpg

総務省の発表によると、2013年10月1日現在で、住宅全国総数6063万戸のうち820万戸が空き家で、空き家率は13.5%だそうです。

空き家率  1位  山梨県  22%

       19位  石川県  14.1%

石川県も全国平均を上回る空き家率となっています。
輪島市内でもそれ以上に空き家が多いと思われます。

輪島市では、6月議会で「輪島市空き家等の適正管理に関する条例」を制定しています。

輪島市内の空き家において、倒壊の恐れがある建物や建築材料が剥離して飛散する建物、又は不特定の者が容易に侵入可能な建物等も存在しています。

このような適正管理ができていないと認められる空き家等の所有者を把握するための調査や、時によっては立ち入り調査をする。また、所有者に対して行政指導をするとともに、指導に応じない場合は行政代執行法により適正に処置することもできます。

市長の諮問機関として「輪島市空き家等適正管理審議会」を置くことにしています。

解体したくても費用がかかることから、そのまま放置するしかないのが現実です。
条例ができても、本当に適正管理が実施できるかどうかは難問山積。
地方の少子高齢化は、空き家の増加対策にも大きな問題を投げかけています。
 

県民体育大会

昨日から県民体育大会が始まりました。
大雨警報が発令されている雨中での試合でした。

809-1.jpg

一般の部
 1回戦  輪島市 3-0 能登町
 2回戦  輪島市 1-1 かほく市 (PK勝)

一般の部の輪島市は今日の準決勝進出です。

809.jpg

壮年の部
 1回戦  輪島市 0-5 七尾市

壮年の部の試合は天然芝のピッチでしたが、写真のように水たまりが随所にある悪コンデションでした。
残念ながら完敗で1回戦敗退です。

教育委員会や体育協会の皆さんの応援をいただき感謝です。

今日は台風の影響もありそうで、試合が続行できるか心配されます。
大きな台風被害が出ないことを祈ります。
 

幸を運ぶ友人

人生に幸を運んでくれる!
友人に持ちたい6タイプを紹介します。

1. 素の自分を受け入れてくれる人

短所や失敗を受入れ、対等に付き合うことができる友人。
人生につまづいた時、困った時や辛い時必ず心の支えになってくれるはず。

2. チャレンジャー精神が旺盛なアドベンチャー

人生には冒険が必要!
頭ではわかっていても、平穏な生活から抜け出すのも億劫。
チャレンジ精神旺盛な人は物怖じせずに様々なことに挑戦するから、常に刺激を与えてくれます。

3. 本音でぶつかってくる正直者

本音でぶつかってくる人とは意見が対立することがあります。
たまにうっとうしい存在に思えるが、こんな人こそ長い人生には必要な存在。
相手のことを思っているからこそ厳しく指摘してくれます。
反対に、本音を隠して相手の喜びそうなことばかり言う人は、偽善的でうわべだけの付き合いしか期待できません。

4. 賢い助言者

あなたの傍に賢い助言をしてくれる友人がいたら、それはとてもラッキーなこと。
助言者は先輩や上司とは限りません。
自分の人生より数歩先を歩んでいて、賢く思いやりのある人であれば、人生の立派な助言者です。

5. 柔軟性のある異文化人

異文化(異業種)交流は視野を広げる上で大切です。
文化・人種・宗教・業種・価値・伝統の違いを知ることで、今までより視野がうんと広がります。
自分の文化や価値を相手に押しつける人は要注意。
様々な文化を尊重し、受入れることのできる柔軟性のある異文化(異業種)人なら、友人になる価値が大である。

6. 親切なご近所さん

近年は近所付き合いが希薄になっています。
ご近所さんこそ困った時の助っ人で、ちょっとした頼み事や緊急の時に頼りになります。


先日、こんな記事が掲載されていました。
友人を選ぶことは難しいですが、まずは、自分が上記の6点を心がけることから始めたらどうでしょうか。
自分が変わることにより、周囲の人を幸せに出来るかもしれません。
 

三夜おどり

802.jpg

今年も「三夜踊り」が近づいてきました。
「広報わじま」にも記載されてましたが再掲します。

8月14日(木) 
  20:00~20:50  児童に囃子のよる三夜踊り
  20:50~21:30  保存会員による舞台踊り
  21:30~ 0:00  一般三夜踊り

8月15日(金)
  20:00~21:30  連踊りコンテスト大会
  21:30~ 0:00  一般三夜踊り

8月16日(土)
  19:40~20:00  成隆寺「灯籠流し」
  20:00~ 0:00  一般三夜踊り

会場において、「三夜踊り特製うちわ」を配布しています。
記念に持ち帰って下さいとのことです。

今年も天候に恵まれて、おおいに賑わってほしいものです。
お盆に帰省される方も参加して下さい!
 

9月定例議会

9月議会の日程が、5日の議会運営委員会で決まりました。

  (議案内示)

8月28日(木)  10:00  議会運営委員会
            13:30  各常任委員会

9月 2日(火)  10:00  議会開会
                   議員全員協議会

9月 3日(水)  10:00  質疑質問通告締切り
            13:30  議会運営委員会

9月10日(水)  10:00  質疑質問
9月11日(木)  10:00  質疑質問

9月12日(金)  10:00  各常任委員会

9月17日(水)  13:30  決算特別委員会
9月25日(木)   9:30  決算特別委員会
9月26日(金)  10:00  決算特別委員会

9月29日(月)  10:00  議会運営委員会
           11:00  議員全員協議会
           14:00  委員長報告・質疑・討論・採決

※ 請願・陳情受付締切  
   8月29日(金)  正午

9月定例議会は、前年度の決算認定があるために会期が長くなります。
会期は28日間となります。


金沢市議が逮捕・送検されました。
スマホの操作を依頼したことが発端だとか。
若いとはいえ、何とも稚拙な理由で暴力を振るうとは言語道断です。
 

子ども議会

805.jpg 805-1.jpg

『輪島市の未来を考える子ども議会』

昨日(5日)の午後1時半から「子ども議会」が開催され、市内10校から12人の6年生児童が質問をしました。

・ スポーツを通じての誘客対策
・ 千枚田周辺の環境整備の提案
・ お年寄りと一緒にラジオ体操を
・ もっと魅力あるまちに
・ 輪島の賑わいへの取組み

等々についての質問があり、保護者や先生方も随行して傍聴されてました。

子供たちは、各小学校を代表して初の子ども議会への出席でした。
緊張したかと思いますが、貴重な体験をされたことと思います。

将来は、実際にこの議場で市議会議員として登壇する児童がいるかもしれません。

この「子ども議会」はケーブルテレビで生放送されました。
後日再放送もあるかと思いますので、見逃した方はぜひご覧になって下さい。
 

廃材の再利用

729.jpg

近所の住宅を解体した角材を、薪ストーブを使ってるお宅の薪に再利用します。

自宅まで運び、釘抜きからスタート。
30cm程度の長さににチェンソーで小切ります。
親戚からチェーンソーを借りてきて切りましたが、真夏の作業には不向きだと思います。(T_T)
それでも何とか完了しました。

802-1.jpg

最近では、薪ストーブを使う家庭が増えていると聞いています。
廃材の有効利用ができると何よりです。
ようやくですが、昨日届けてきました。
 

かなざわ輪島の会

8月2日・3日と、「かなざわ輪島の会」の皆さんが、金沢駅東口おもてなしドームで輪島の名産品を展示・即売してくれました。
昨日の日曜日は、娘や孫を連れて激励に行って来ました。 

803-3.jpg 803-2.jpg

東口おもてなしドームの人の流れは少なかったです。
朝いっちゃんも応援に駆けつけ、記念撮影にも応じていました。(空調の効いていないドーム内で大変だったと思います)

ひょっこりと「ひゃくまんさん」も通りかかり、家族連れから記念撮影を求められていました。

803-9.jpg 803-6.jpg

この日は輪島から「高州太鼓」も応援に駆けつけていました。
太鼓の音で地上にいる方も降りてきて聞き入っています。
やはり、太鼓には人を魅了する響きがあるようです。

803-5.jpg 803-8.jpg

「かなざわ輪島の会」の有志が輪島への力強いエールを贈ってくれました。
そんな思いを受け止めて、来春からの追い風に乗るためには、地元・輪島人が本来の「おもてなし」の心を築き上げることが大切だろうと思います。

どれほどの売り上げがあったかは分かりませんが、参加してくれた皆さんに感謝です。
 

さつまいも畑の現状

803.jpg 803-1.jpg

5月にサツマイモの苗を植えてから2ヶ月あまり。
しっかり植え付いてくれました。
もう雑草に負けないほどになってます。

昨日は周りの草刈りをしましたが、収穫までにはもう2回の草刈りは必要でしょうか。

来年は、草の生えないようにビニールを敷くことにします。
あまりにも放任の自然農法がいかに大変か分かりました。
大いに反省しています。

秋の収穫が本当に楽しみです。


昨日・今日と、かなざわ輪島の会の皆さんが、金沢駅東口おもてなしドームで「輪島の物産展」をやって応援してくれています。
今日は孫を連れて激励に行って来ます。
時間のある方は出かけてみて下さい!
 

輪島市福祉大会

7月31日は「輪島市福祉大会」がありました。

テーマは『輪のようにずっとつながるまちづくり』

高額寄付者や社会福祉に貢献された方々に、市長感謝状や社会福祉協議会会長表彰が行われました。

731.jpg 731-1.jpg

アトラクションとして、河井保育所とわじまミドリ保育園の園児が、ダンスを披露してくれました。

731-2.jpg 731-3.jpg

活動報告~大屋児童クラブ
「防災マップ=身近な地域を探検して災害に備えよう=

大屋小学校近辺の避難道路や避難場所を探索して、いざという時の為のハザードマップを作成した活動報告でした。

731-4.jpg 731-5.jpg

大屋児童クラブ60名による手話を添えての合唱で午前の部は終わりました。

午後の部 = 記念講演
  演題  「いくつになっても輝きたいねん~元気の源、請け負いまっせ!」
  講師  辻 イト子さん

文化会館のロビーでは、介護施設や各種施設からの展示コーナーがあり、来場者で賑わっていました。

731-6.jpg

大会宣言にあったように、輪島市民は、すべての住民が心の豊かさを実感できる社会にするため、一人ひとりの尊厳と支え合いを大切にし、孤立感を持つことのない地域にすることが大切です。

つながる人づくり・つながる仕組みづくり・つながる場づくりを通して、みんなが自分らしく暮らせるよう「輪のようにずっとつながるまちづくり」を目指したいものです。

このことに奔走している人たちの熱意を無駄にすることなく、行政当局がしっかり捉えて取り組むべき課題だと思います。
 
≪PREVNEXT≫
プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム