FC2ブログ

議員全員協議会

15日は「議員全員協議会」と「地方創生特別委員会」が開催されました。

執行部からは消防庁舎の完成についての報告があり、説明終了後に新消防庁舎を視察してきました。

0625-1.jpg

0715.jpg   0715-3.jpg

0715-2.jpg   0715-1.jpg

外観だけは観ていましたが、昨日初めて新庁舎に入り説明を受けました。

建物は完成しましたが、これから年内を目途にデジタル無線化等の設備工事を行ないます。
すべてが完了後、職員のデジタル対応の研修を積んだ後に、来年度から運用を開始する予定です。

来年4月1日から、奥能登2市2町の119番通報はこのセンターで受付することになります。
これまで三角州で行なわれていた消防団の訓練大会も新庁舎の敷地内で行なわれるとのことでした。


午後からは、「地方創生特別委員会」が開催され、国の地方創生における輪島市の今後の計画についての報告がありました。
また、「輪島市創生総合戦略推進審議会」の委員15名が公表されました。

推進室からこれまでの課題と重複する事案の提示に行政当局の問題意識の希薄さが伺えました。
それでも市民の声が届くようにと議員からは具体的取組みについて種々の意見や提案があったことを申し添えておきます。

10月を目途に今後5年間の輪島市の地方創生計画を作成します。
 

難民キャンプで女学校

0713-3.jpg

12日は昨年ノーベル平和賞のマララさんの18才の誕生日だったそうです。
彼女は自分の誕生日に、内戦の続くシリア難民キャンプで女学校を開校しました。

シリアは5年前から内戦が続いており、反体制派とイスラム過激派が加わって三つどもえの内戦になっています。
シリアでは終戦が見通せない状況です。

そんなシリア難民キャンプで女学校を開校したマララさん。

難民キャンプはある程度安全地帯とされていますが、すべての国の政府を認めておらず、各国の世界遺産を破壊し続けているイスラム過激派の加わった三つどもえの内戦状態にあるシリアで、本当にこの女学校の安全が確保されるんでしょうか。

イスラム過激派の格好の攻撃目標にされると考えるのは早計かも知れません。
しかし、テロからなおも標的にされているマララさんです。
マララさんが建設した女学校を破壊する行動に出ても不思議はありません。

それでも現地では、危険を顧みずここで女性が学ぶ必要があるんでしょう。
日本では男女平等になって久しいですが、世界にはまだまだ封建的な思想が残っています。
私たちの想像を遙かに超える過酷な環境の中で、現実に立ち向かうマララさんや多くの女性たちの活動を注視したいと思います。
 

さつまいも畑

ここ2~3日で一気に真夏になったようです。
昨日は今夏最高気温で、わが家でも初めてエアコンのお世話になりました。

0713-2.jpg

5月末に植付けたサツマイモ畑。
植え付けから1ヶ月半経ちましたが、雑草にも負けず何とか植え付いたようです。

先日は草取り・草刈りをしてきました。
水やりをしなかったせいか、何株かはダメになったようです。
残念!

もう少し茎葉が繁殖したら切って隣に植えたいんですが、まだ時間がかかりそうです。
そして、この猛暑に負けないでこの秋には実り多いことを願っています。

今日も暑くなりそうです。
熱中症には注意しましょう!
 

中央通りの改良工事

国道249号線:中央通り改良工事のため、通りでは店舗や住宅の改築工事が行なわれています。

0712-1.jpg

新橋詰めの旧・輪島屋の建物は解体中です。

0712.jpg

0712-2.jpg

新橋やぶの外部足場が撤去されていました。
今春に一度は開店したんですが、改めて改修したようです。
輪島で人気のある「新橋やぶ」さんも、来月には新装開店でしょうか。

輪島のメーンストリートの中央通りも改良工事を待っています。
空き地が目立つ「まんなか商店街」も活気を取り戻すことを期待します。

観光案内

0711.jpg

11日(土)の北陸中日新聞の記事です。
金沢へ転勤になった松瀬記者が取材してくれました。

「誰かの役に立つ人になりなさい」
そんな文字が心に響きます。

輪島市の「ふらっと訪夢」で外国人観光客の案内業務に携わっているアンジーさん。
隣村の同級生の所に嫁いだ能登の花嫁の一人。

地区の敬老会でも母国の踊りを披露してくれ、地元の方からも親しまれています。
今年はじめに義母さんが亡くなり、娘さんが孫を連れて来ていました。

異国から輪島に来て久しいですが、こうして彼女のように頑張っている外国人にスポットをあててくれる。
多くの在日外国人にとって励みになると思います。

アンジーさんへ
これからも楽しみながら輪島の為に頑張って下さい!
 

行政視察

総務委員会での行政視察に参加しました。

期間  7月2日~4日(二泊三日)
場所  北海道岩見沢市(ICT利活用による地域振興)
     北海道余市町(朝ドラにかかる誘客推進)

能登空港を利用して羽田経由で新千歳空港へ向かいました。

初日の2日は移動日で、岩見沢市内で宿泊しました。
翌3日9時半から岩見沢市役所で、当市が10年以上前から取り組んでいる「ICT利活用によるまちづくり」を研修してきました。

すでに、教育や福祉の現場で活かしています。
また、ネット環境の整備によって多くの企業が岩見沢市に誘致された実績もあるようです。
広大な農地を有する農場でもICTによる大型機械の無人化を試していました。

0703-2.jpg

11時半頃に岩見沢市役所を出て、レンタカーで「マッサン」の舞台・余市町へ向かいました。
これまでの取組みと今後の取組み等について研修してきました。

0703-3.jpg 0703-1.jpg

放映までは輪島市の取組みとほぼ同じ対応でした。
「マッサン」放映後の観光客は1.5倍と急増しています。
約1時間の研修後、「マッサン」ゆかりの地を訪問してきました。

まずは、毛利衛さんの出身地であることから建設された「余市宇宙博物館」へ。
ここは「道の駅」になっています。

0703-9.jpg 0703.jpg

そして、ニッカ余市工場へ。

0703-10.jpg 0703-5.jpg

多くの観光客で賑わっていました。

札幌とも近く、隣接する観光地・小樽があることもあって、「マッサン」効果が余市への誘客が大きく上向いていることは確実です。
しかし、宿泊施設が少ないことから通過型観光なのは残念なことですが、放映終了後も継続した今も誘客活動は継続しているとのことでした。

輪島においても「まれ」の放映は半分を終えました。
今後も先を見通して継続的に来てもらえる環境整備をする必要があると思います。
 

輪島中学校建設説明会

0709.jpg
輪島中学校の基本設計から

輪島中学校建設にかかる説明会が開催されます。

日 時  平成27年7月25日(土)  14:00~
場 所  輪島市文化会館 301会議室(3階)

基本設計ができたので、保護者や地域の方々への説明会です。

多くの市民に開放しているテニスコートも移転新設されます。
また、旧体育館も床をはずして利用する予定です。

多くの市民の皆さんの意見や提言があればぜひ参加して下さい。
 

通学合宿

7日(火)の夕方から大屋小学校の通学合宿が始まっています。
初日の夕食会に招待されたので行ってきました。

5時半頃に行くと夕食の準備を始めていました。
宿題をする子や遊んでいる子も。

今年の参加者は16名。
4年生:6名 5年生:3名 6年生:7名

0707-2.jpg    0707-4.jpg

0707-5.jpg    0707-6.jpg

0707-9.jpg

初日の夕食は定番のカレーライスでした。
参加者全員でいただきました。m(_ _)m

夕食後は、「夢知遊」の皆さんの指導で交流会を行ないました。
今年は「けん玉づくり」から始めての交流会です。

0707-10.jpg

毎年のことですが、地域の皆さんの協力をいただきながらの通学合宿(三泊四日)です。
子ども達には集団生活で多くの事を学んでほしいと思います。
 

産業廃棄物最終処分場

6日(月)午後から議員全員協議会が開かれました。

議題 : 産業廃棄物最終処分場について

0707-1.jpg

13:30  事業者からの事業計画の説明
       住民意見に対する事業者の見解

14:20  事業者に対する質疑応答

各議員から様々な質問や意見が出ていました。
私からは、「安全基準を満たす放射性物質を含む廃棄物で、政府が搬入を要請した場合には受入れるのか?」に対して、門前クリーンパーク・三本社長は「安全基準を満たしている放射性物質を含む廃棄物であっても受入れることはない」と断言しました。

その他の答弁
 ・ 北陸3件の産業廃棄物を対象としている
 ・ 埋立後の管理については、地権者としてどこまでも責任を持つ
 ・ 剱地地区住民に対する説明は今後も続けていく
 ・ その他

   休憩(事業者退席)
  
市長から知事に対する意見書案の提示。

私からは、「輪島市が設置した産廃問題検討委員会の答申(結論:受入れるべきではない)」と「輪島市議会での2回にわたっての反対決議」を市長意見として取り入れるように要請しました。
その他の議員からも様々な意見が出ていました。

これを受けて、今月13日までに市長は意見をとりまとめて石川県知事に提出します。

門前町大釜地区から誘致活動を始めてからもう10年あまりになり、当時の大釜区長さんはもう亡くなってしまいました。
「限界集落」という言葉さえ生まれた問題は、この10年で市内各地でも現実問題として浮上しています。

こういった迷惑施設の誘致に頼らざるを得ない現実に対して、少子高齢化を見据えたまちづくり構想を築いていく必要があります。
 

女子ワールドカップ

0706.jpg

女子ワールドカップが終わりました。

なでしこジャパン  2 ー 5  アメリカ

前半のキックオフから16分であっという間に4失点。
ゲームのペースをつかむ間もなくの失点が試合の結果を決定づけました。

予選リーグから準決勝までの6試合はすべて1点差のゲームを勝ち上がってきた「なでしこジャパン」。
勝つことを目的にワールドカップ連覇を目指してきましたが、決勝ではアメリカを抑えこむことができませんでした。

4失点後のボールの支配率はアメリカを上回っており、スピードとパワーに勝るアメリカから2得点。
なでしこの勝ちたい気持ちが伝わった試合でもありました。

決勝戦は負けてしましたが、観ていた人に感動を与える試合だったと思います。
まだメジャーではない日本女子サッカーにおいて、さらに「なでしこジャパン」を目指す子ども達が増えるでしょう。
4年前の優勝と同じくらい大きく貢献できたワールドカップだったと思います。
この悔し涙が次に続くなでしこジャパンの後輩たちに受け継がれることでしょう。

準優勝おめでとう!
「なでしこジャパン」の果たした功績を称え、彼女たちの活躍に拍手を送ります。
 

輪島市消防団訓練大会

5日(日)は「輪島市消防団訓練大会」でした。
好天に恵まれたせいか、今年の見学者は例年より多かったようです。

0704.jpg

今年も16分団が整列しました。

0704-1.jpg 0704-6.jpg

訓練に先立ち、表彰式が執り行われました。
写真は永年勤続団員の配偶者表彰です。

また女性消防隊は大会運営の各部署で活躍していました。

0704-5.jpg 0704-4.jpg

訓練大会の種目
 ・ 小隊訓練
 ・ ポンプ車操法
 ・ 小型ポンプ操法

写真はポンプ操法と小型ポンプ操法の様子です。

総合優勝は南志見分団
ポンプ操法は河原田分団
それぞれ連覇しました。

結果、2年連続で河原田分団が県体出場となります。

0704-8.jpg

市役所前河川敷で一斉放水の状況です。

どの分団も1ヶ月以上の練習を積んできたようです。
職業を持ちながら、就業後に練習に取り組んで来た各分団の皆さんに敬意を表したと思います。
市民の安全・安心を守るために今後ともより一層のご健勝と精進を期待するものであります
 

HONDA ESTIRO

本田圭佑のマネジメント事務所「HONDA ESTIRO」が、来年春を目途にユースチームを発足するとの報道がありました。

すでに幼児から小学生を対象にしたサッカースクール49校を全国展開しています。

0701-5.jpg

6月にオーストリア3部ホルンの経営権を取得しており、将来的にはユースから有望な選手をホルンに送り込む構想だと言われています。
すでに国内でのトライアウトを行っており、今月6~8日にかけてオーストリアで最終選考を行なうようです。

「細かいテクニックではなく、しんどい場面でいかに走れるか、チームに貢献する姿勢があるかを見る」
フィジカルとメンタル両面で厳しい選考会が行なわれたそうです。

大きな野望を持った本田圭佑。
「世界一のサッカー組織を持つ」という大きな夢を持っています。
将来的には世界一クラブのオーナーになる野望も抱いてるそうです。

型破りな本田圭佑の野望ですが、今後どのようにその野望を達成するのか楽しみです。
 

今時のゲーム

0629-10.jpg 0629-9.jpg

先日は孫娘と二人でスーパーへ行ったんですが、孫娘が真っ先に向かったのがゲームコーナーでした。

ゲームの名は「プリパラ」=1回100円
写真を撮るとカードとともにプリントアウトされて出てきます。

孫娘のカードケースには使用するカードがぎっしり入っています。
それを使いながら着せ替えなどをして楽しむゲームのようでした。

母親にダメ出しされた女の子が隣でしばらく眺めていました。
今時の女の子のお気に入りのゲームだそうです。

また、男の子は釣りゲームに熱中していました。
大物がかかるとリールを激しく巻き上げるので、頭まで汗だくで頑張っているのを見て、ついつい海で本当の釣りをさせてあげたい思いになるほどでした。

今の子ども達、それほど仮想空間で過ごす時間が増えている証拠かも知れません。
夏休みに孫娘が来たら、できるだけ自然と触れ合う時間を作ってあげたいと思います。
 

電力会社の株主総会

先日は電力各社の株主総会があったようです。

北陸電力の株主総会には718人が出席したが、脱原発を含む株主提案9議案はすべて否決されたとの報道がありました。

原発再稼働による利益優先が明確になったんでしょう。
原子力規制委員会が志賀原発直下の断層について、「活断層の疑いがある」との見解で一致しています。

使用済み核燃料の最終処分場が決まらないまま、まだ不要で多額の経費をかけて原発再稼働に猛進する電力会社って何なんでしょうか。

株式会社でありながら公益性の高い電力事業。
これまでは、それぞれの地域において電力配給の独占企業です。

「安定した電源の確保」を大義に進めてきた原発の稼働でしたが、安全神話が崩壊した今、人間がコントロールできない原発とは決別すべきだと思います。
極めつけは核燃料の最終処分にも大きな問題をはらんでいることです。

北電の株主総会では、北陸発で脱原発を訴える絶好の機会でもありました。
しかし残念ながら、株主である富山県や石川県は脱原発議案に反対しています。
これも電源三法交付金によって地方へ配分されるアメの成す仕業でしょうか。

県民の安全と安心を確保することが行政と政治家の最大の使命であるはずです。
県民の生命と財産は基より、住んでいる地域に住み続ける権利さえ奪い去る危険の高い原発。

0311.jpg

17・18才を対象としたアンケートによると、政治家を信用していない人が80%を超えています。
これは、政治家と国民感覚との大きな乖離が原因かも知れません。

「ノー モア 福島」
同じ過ちを犯してはなりません。
 

朱鷺の住むまち

朱鷺が輪島市内へ飛来して久しいですが、今でも小伊勢町周辺に居続けています。

水田の稲が伸びてくると発見するのも難しくなりました。
水田が中干し時期に入ったこともあり、エサ場を少しづつ移動しているようです。

0701-1.jpg

一昨日は市道と高低差のない水守町の休耕田でエサを探していたそうです。
この朱鷺は、離陸時のホバーリングが上手くありません。

0701-6.jpg

上の写真は昨日撮影されたものです。
低空で道路を横断しています。
エサ場に降下する時や飛び立つ際には、市道を通行中の車と衝突する危険性があります。
輪島市内で天然記念物の朱鷺が車にはねられたという記事を出してはなりません。

0701-3.jpg    0701-4.jpg

取り急ぎ、輪島市土木課で「再徐行」の立て看板を設置しました。
しかし、これだけでは不十分でしょう。
水守町~中段町・伊藤医院前の市道を走行する際は、十分注意して徐行しながらの走行をお願いします。
 
≪PREVNEXT≫
プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム