FC2ブログ

脱原発

原発を持つ大手電力会社の株主総会が開かれましたが、8社すべてで「脱原発」を求める株主提案の議案がいずれも否決されました。

原子力規制委員会の責任のない再稼働認可を得て何基かの原発が再稼働しており、電力自由化が進む中で、「競争に勝つには一日も早い再稼働が必要」という心理が電力会社に働いているようです。

関西電力の大株主である大阪市や京都市などが脱原発を提案したが、「環境問題の観点からも原発は必要。8月に電力料金を値下げし、企業価値を高める」としています。

電力会社の企業利益、企業価値が国民の安心・安全と一致していないことは、福島第一原発事故の惨状を見れば明らかです。

0629-01.jpg

6年経った今でも福島第一原発の廃炉への道筋は見えてきません。

また、使用済み核燃料の最終処分場の問題は何処も受け入れないでしょう。
問題山積の原発再稼働です。

現実として、私たちの生活に電力がないことは考えられませんが、「脱原発」を宣言することにより、再生エネルギーの技術革新が飛躍的に伸びると思います。

企業利益だけが優先している電力会社。
責任が明確でない原子力規制委員会。

国民の安心・安全が担保されない原発依存体質、一刻も早く脱却する方針転換を求めたいと思います。


 
スポンサーサイト

環境影響評価書の縦覧

輪島市で建設計画の産廃施設に係る「環境影響評価書」が縦覧されています。

縦覧期間   7月10日(月)まで
縦覧場所   輪島市役所1階
         輪島市立図書館(文化会館)
         門前総合支所
         奥能登行政センター
         門前クリーンパーク事務所

0628-01.jpg

輪島市役所では、1階エントランスホール・総合窓口の横になります。
一般市民の方の目に止まりやすいのは事実ですが、ゆっくり閲覧するには問題がありそうです。

住民投票を求める署名簿の閲覧は、1階の会議室を開放していました。
今回の縦覧もそうすべきだったと思います。

あえて縦覧場所をここに決めたとしか考えられません。
極めて残念な対応です。

「環境影響評価書」の縦覧は、門前クリーンパークのHPからも閲覧できます。
こちらの方がゆっくり閲覧できると思います。


梅雨入りしたというのに、昨日は暑い一日でした。
梅雨明けを知らせるというタチアオイの花は中段くらいまで咲いています。

0627-05.jpg

明日から雨の予報になってますが、そろそろ降らないと水不足になりそうです。
梅雨時期には適度の雨を待ちたいと思います。

 

大屋小学校公開

大屋小学校の学校公開が昨日から始まっています。
ご案内を頂いたので行ってきました。

0627-03.jpg

階段のすべての蹴上げ部分には、ワンポイント学習できる工夫があります。

0627-06.jpg

3年生はプール実習。

0627-04.jpg

4年生は、「ごみ処理の仕方のまとめ」をやってました。
燃えるゴミ・燃えないゴミ・資源ごみから、最終処分場までリサイクルを経て処分する授業。
ちょっと長めに参観させていただきました。

0627-01.jpg

6年生は「こども議会」の質問についての授業。
輪島市の課題について、児童からそれぞれ意見を出して、それらの意見をクラスでまとめようとする授業でした。

子ども議会  8月4日(金)開催予定

大屋小学校からも子ども議員が選抜され、今日の意見をまとめて発表すんでしょう。

0627-02.jpg

大屋小学校では、人工内耳を入れている生徒のために、椅子の足の部分にテニスボールを敷いています。
将来は机の脚部にも入れるとの事でした。
障害者に優しい配慮が見られる教室になっています。

0627-07.jpg


私は3限目の授業を参観したんですが、参観者が少なかったこともあり、児童の視線が集まり緊張してしまいました。

大屋小学校の公開授業は明日まで実施しています。

 

輪島市議会最終日

輪島市議会は昨日(26日)が最終日でした。

10:00  議会運営委員会
11:00  議員全員協議会
14:00  本会議


11時からの全員協議会では、「生活環境保全協定書」と「輪島市国民保護計画」が提示され、説明が行われました。

0626-01.jpg

☆ 「生活環境保全協定書」について

 ・ 前回提出した協定書(案)から少し厳しい文言になっていた。
 ・ 覚書の提出を求めたが応じてもらませんでした。
 ・ 志賀町議会では協定書が概ね了解されたとの報告あり。
 ・ 今後については、地元の皆さんに説明するとの事。
 ・ 地元説明が終わると石川県との協議開始。
 ・ 事業者との協定締結へ。

協定締結前に議会への覚書提出を求めましたが、市長に一任してほしいと断られました。
議会では、輪島市で建設する際のメリットが解りません。

協定書は議員に配布され回収はされませんでしたが、マスコミや市民への閲覧は厳に控えてほしいとの事。
住民投票が終わってから今日まで、すべてが秘密裏に進行しようとしているように思います。

すべての情報は市民に公開するべきだと指摘してきましたが、関係する石川県と志賀町や事業者への配慮でしょうか、一般市民には情報が公開されないままです。

今後、建設予定地での地元説明会を開催するとの事ですが、有事の際には最も生活環境に影響を及ぼすであろう剱地地区の皆さんの合意は最低限必要なことです。
しっかり正面から向き合って丁寧な説明を行い、理解をいただく努力をお願いしたいと思います。

☆ 輪島市国民保護計画の変更について(報告)

 国民保護計画は、武力攻撃事態等において、武力攻撃から住民の生命、身体及び財産を保護し、住民生活や経済活動に及ぼす影響が最小となるよう、住民の避難、住民等の救援、武力攻撃災害への対処措置など国民保護措置を的確かつ迅速に実施するためのものです。

石川県からは、武力攻撃等を想定した避難訓練を輪島市で開催してほしいとの打診があったとのことです。

 
☆ 人事案件

    市監査委員   漆谷豊和

☆ その他
  ・ 奥能登広域圏事務組合議会議員(2名)
  ・ のと鉄道運営助成基金事務組合議会議員(1名)
  ・ 輪島穴水環境衛生施設組合議会議員(2名)
  ・ 石川県後期高齢者医療広域連合議会議員(1名)

  ・ 議会議案5件


付議されたすべての議案及び議会議案5件は、承認又は可決されて閉会しました。



0626-03.jpg

将棋界で一躍人気を集めていた藤井聡太四段が連勝記録を29に伸ばしました。
最終盤の30分余りを生中継でじっと観戦しましたが、終わった後の報道陣の数には驚きです。
それにしても凄い神童が将棋界に現れたものですね。
    

社会人サッカー

昨日の日曜日は石川県サッカー北部リーグ戦がマリンタウン競技場で行われました。

輪島クラブはホームゲーム。
私も本部席で観戦しました。

0625-01.jpg
写真左:輪島クラブ

0625-02.jpg

 輪島SC 0 - 0 金沢彗星C

輪島クラブはシュート数では勝ったものの、一進一退の試合で引き分けでした。

金沢彗星クラブには、輪島出身の選手が3名加入しています。
本来ながら、輪島クラブの中堅選手として活躍してほしい選手たちです。

8月に開催される県民体育大会では、輪島市代表チームで望むメンバー同士のリーグ戦対決。
引き分けで良かったのかと思う試合でした。

朝から小雨が降っていましたが、同試合前に雨が上がり絶好のサッカー日和。
今年初めて社会人リーグの試合を観戦しました。


今日は6月議会最終日です。


 

輪島あわびまつり

0609-01.jpg


今年度も輪島で「あわびまつり」が行われます。


日時  平成29年7月16日(日) 8:30~14:00
場所  輪島市マリンタウン・特設会場


海女さんの採ったアワビやサザエが、その場で炭火で焼いて食べられます。
年に一度のイベントです。

その他、飲食ブースや物販コーナー等もあり、今年も大勢の人で賑わいそうです。

輪島の海の幸を堪能してみませんか。
ご来輪をお待ちしています。



0624-01.jpg

庭に自生しているドクダミと、先日植えたタピアンです。
果たして末永く共生できるでしょうか。

 

ニンニクの収穫

梅雨入りしてから気温が上がったようです。

そんな暑い日だった昨日は、昨秋に植えたニンニクの収穫を行いました。

0623-01.jpg

ニンニクより雑草の背丈が伸びていて悪戦苦闘の中での収穫作業です。

0623-02.jpg

昨年の乾燥状態が良くなかった種のニンニク。
やはり、大きなニンニクにはなっていませんでした。(残念)

とりあえず、作業所の軒下で乾燥します。
熟成黒ニンニクにできるのはわずかでした。

0623-03.jpg

JAおおぞらの直売所にも知人の作ったニンニクが出ていました。
立派なホワイト六片のニンニクが3個で300円。
今年の作付けにはもっと勉強しないといけません。
反省ばかりの収穫日でした。

 

切り絵作家・坂下奈美

0620-02.jpg

切り絵作家として活動している坂下奈美さん。

先日はヤフー・ニュースで報道されました。
「不思議の国のアリス」を英字で切った作品が取り上げられました。

0620-03.jpg

これまでも何度か紹介してきた奈美ちゃんの作品が、全国ネットで紹介されたことは素晴らしいことです。

現在では、小さな作品も数多く切っていて、市内の観光施設などで販売されています。
また、ネット販売もやっているようです。


今年も各地で展示会に出展する予定。

☆ 招待作家展「異」
    7月21日~25日
    アートイマジンギャラリー(東京・国立市)

☆ 「字展」
    8月25日~28日
    ギャラリーアートスープ(群馬・前橋市)

お近くの方で時間のある方はぜひお出かけ下さい。


0620-01.jpg

上の写真は数年前に切った作品です。
繊細な切り絵には驚くばかりですが、今後の活躍に期待したいと思います。


教育民生委員会

昨日は各常任委員会での審議がありました。

私は久しぶりに教育民生委員会に所属したので、同委員会での審議について掲載します。

[ 教育民生委員会 ]

・ 久手川集会場整備費   28,000千円
   旧北山医院の跡地で建設
   木造平屋建  107.24㎡

・ クリーンセンター焼却施設管理費  23,000千円
   2号焼却炉内壁面の耐火煉瓦の修繕

・ 公民館長の報酬見直し   2,268千円
   現行 27,000円 → 41,000円

・ 北信越ソフトボール大会費  1,500千円
   交付先 : 輪島市ソフトボール協会

・ 体育施設整備事業費   1,365千円
   門前健民体育館のトレーニングマシン購入費

・ 東陽中・法被購入費     400千円


所管事項に対する事項

☆ 輪島中学校の供用開始について
    工事完成から約2ヶ月かけて引越し等の準備が必要。
    平成30年2月中旬の予定

☆ マリンタウン競技場について
 ・ 陸上競技用のグランド損傷が激しいので、年次的に補修が必要
 ・ スタンドに雨よけ用フードについても早急な対応を検討中

0621-03.jpg


☆ 輪島穴水環境施設組合が予定する焼却炉建設について
 ・ 2市2町での共同施設として検討すべきであると指摘
   奥能登クリーン組合との協議が不調に終わったとの返答

  平成34年度中に建設しなければなりません。
   焼却炉建設費          約35億円
   リサイクルセンター建設費  約10億円

 2市2町の首長の思惑の相違により個々に建設することになります。
 莫大な予算を要する新焼却施設の建設ですので、粘り強く交渉する必要があると思います。


今日は、予算決算委員会が開催され、予算に関して委員会での採決が行われます。


0621-01.jpg

北陸地方もようやく梅雨入りしたようです。
家の周りの紫陽花も少しだけ色付いてきました。

0621-02.jpg

天皇杯2回戦(西部緑地公園競技場)

 ツエーゲン金沢 2 - 0 FC横浜

ツエーゲン金沢は3回戦進出。
3回戦は京都サンガとアウェーで対戦します。

昨夜は筑波大対ベガルタ仙台の試合が放映されました。
試合は筑波大学の快勝で、観ていて面白い試合でした。
   

ISAK

0619-01.jpg


ISAK(インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢)

ISAKは、軽井沢にキャンパスを構え、世界中の高校1~3年生を対象とする全寮制インターンシップスクール(国際高校)です。

2014年8月   開校
           一期生49名(19ヵ国)が入校

現在        150名以上(39ヵ国)


将来、分野を問わず、世界を舞台に変革を起こせるようなチェンジメーカーの育成を目指す。
そして、これからの時代に求められるリーダーシップを養うため、全校生徒に世界トップレベルの教育プログラムを導入。
一人ひとりが自分の可能性に目覚め、主体的にアクションを起こせる人となるよう、学校生活の様々な場面で「自ら変化を起こす」機会を散りばめている学校だと言います。

ISAKの生徒たちは、好奇心旺盛で互いに助け合ってより「良い世界を創りたい」という強い情熱とモチベーションに溢れています。

日本にこんな学校があることを、先日のテレビ放映で初めて知りました。


奨学金制度も充実しているようです。
その運営資金(年間40億円)は企業の寄付金やふるさと納税等で賄っているといいます。

設立に6年の歳月を要したようですが、日本人の女性がイニシアチブをとって設立と報じていました。
何とも崇高な精神で、自らの思いを実践させた意志の強さと実行力には驚きです。

次代を担う高校生が、お互いに多様な国の生徒たちとの交流を通じて、将来は平和で内戦や戦争のない世界へと導くために活躍できること願うものです。

教育の改革。
少子化の進む輪島市でも、特色ある教育で人口増を計ることを検討しても良い時期ではないでしょうか。


議会での質疑・質問

0612-01.jpg


昨日から議会を再開し、議案並びに市政一般について質疑・質問が行われました。

[質疑・質問の持ち時間]
 ・ 会派代表質問   45分
 ・ 一般の質問     20分

私は4番目の質問者として登壇。
その質問及び答弁の要旨を掲載します。

☆ 移住・定住及び輪島塗技術後継者育成について

Q. 輪島塗の木地の仕事で修行していたが、無給での弟子入りだったために、「移住・定住奨励金」や「輪島塗技術後継者育成補助金」のどちらも受給できない実態がある。ケースbyケースで柔軟な見直しが必要ではないか。

A. 木地や下地職人の後継者問題は深刻。実態を把握し、見直しを含めて検討したい。

☆ 若者等交流創出事業について

Q. 若者の出会いの場を設けることは良いことだが、継続して行くことが必要である。また、相手に自分の思いを伝えられない人のために、カウンセラー等の資格を有する人などを置いて、コーディネートする必要もあるのではないか。

A. 市内事業所、若者を対象に結婚へつなぐセミナー開催や、昨年実施した「みんなで運動会」を今年も実施する。指摘のコーディネーターの件を含め検討したい。

☆ 産廃施設に係る生活環境保全協定について

Q. 協定書(案)の作成において、なぜ専門的有識者の意見を取り入れないのか。

A. 県の環境審議会等で審議が尽くされている。

Q. 協定書の作成は環境影響評価書の縦覧期間が過ぎてからすべきと思うがどうか。

A. 協定書の締結は縦覧期間が過ぎてからと考えている。

Q. 協定書(案)は回収されているが、より多くの意見を取り入れるためにも議員に配布すべきと思うがどうか。
  また、覚書も協定書と一体のものなので一緒に配布すべきである。

A. 明確の回答なし


※ 協定書の成案は、議会最終日(26日)の議員全員協議会で示す意向です。


産廃施設に係る「生活環境保全協定」は、事業計画にあったての最終段階です。
輪島市にとって極めて重要な案件にも関わらず、今なお秘密裏に手続きを進めようとする市長の対応には納得しがたいものがあります。

協定書は議会の議決事項ではありませんが、もっとオープンな議論があっても良いんではないでしょうか。

この段階に至っても、まだ市民の不安払拭に至っていないことは残念です。


今日午前10時から、3名の議員が登壇して質疑・質問を行います。
 
 

加波千晴・人形展

輪島在住の加波千晴の人形展が、17日・18日と上町の千舟蔵で開催されました。

0617-07.jpg

何度か拝見する加波千晴さんの人形展です。
不思議な世界に引き込まれそうでした。
展示された作品の一部を紹介します。

0617-05.jpg

0617-04.jpg

0617-03.jpg

北九州のご両親も出席して作品を展示・販売していました。

0617-08.jpg


どちらも古い着物などの生地を使っての創作ですが、何度見ても感動を覚える作品です。

私は土曜日に行ったんですが、愛くるしい高校生の娘さんもお手伝いで来ていました。
夏休みには県内から選抜された3名の高校生とともにブラジル・サンパウロに研修に行くとの事。
娘さんもまた新らしい経験を積むことになるそうです。

そんなことも話しながら拝見させていただきました。


昨日の輪島中サッカー部、準優勝で県体出場が決まりました。
おめでとう~!
今日から議会が再開され、質疑・質問が行われます。

輪島中サッカー部

昨日は、能登地区中学校体育大会兼県体予選・サッカー競技の予選リーグ最終戦が行われました。(宝達志水町民サッカー場)

輪島中サッカー部は先週の予選リーグで2戦全勝。

  輪島中 6 - 0 志賀中
  輪島中 6 - 0 中島中

昨日は、中能登中との対戦でした。

0617-01.jpg
試合前のアップをする輪島中の選手たち

0617-09.jpg

 輪島中 1 - 1 中能登中

一進一退の試合展開。
後半に先制点を許した輪島中でしたが、試合終了直前(アディショナルタイム)に得点して引き分け。
得失点差でBリーグを1位で通過し、今日の決勝トーナメントへ進出しています。

昨年の新人戦では中能登中に惨敗したようですが、昨日の試合は互角以上の戦いぶりでした。
それだけ子供たちが成長したということでしょう。

輪島から応援に駆け付けた保護者の声援が届いたんでしょうか。
最後まであきらめずに戦った選手たちに拍手を送ります。

今日は決勝トーナメント(宝達志水町民サッカー場)。
強豪校が勝ち残っていますが、昨日の勢いでぜひ優勝してもらいたいと思います。


先日植えたミニトマトが実を付けています。
果たして完熟で食べれるようになるんでしょうか。

0617-10.jpg

輪島ブルーエナジー

(株)輪島ブルーエナジー
(株)バイオチップ輪島

6月13日付で市議に新しくなったパンフレットと、今後の事業計画書が配布されました。

0616-01.jpg

(株)輪島ブルーエナジーは、3年前に大下泰宏前輪島市副市長が代表取締役となって設立した法人で、木質チップ及びエネルギーガスの製造販売を目的としています。

(株)バイオチップ輪島は、(株)輪島ブルーエナジーの子会社になります。


設立から3年を経て、ようやく発電関連施設の建設が始まるとの事です。

☆ 発電設備のスケジュール

平成28.5   トーヨー建設と契約
平成28.11  元請者がレポテック社(オーストリア)と設計契約
現  在     設計会社と最終打合せ段階

平成30.1   ガス化炉据付・架構工事・電気工事等
平成30.7   発電設備完成
平成30.8   試運転~本格稼働

別添資料では上記の予定で工事が始まるようです。


なお、同社では新規正社員を募集とあります。
詳細については
  0768-22-0070  大下or高野まで



参議院の存在意義

0615-02.jpg
昨日朝の参議院本会議場


今国会の最大の焦点だった共謀罪の趣旨を盛り込んだ「改正組織犯罪処罰法」が参議院で異例の手段で強行採決されました。

国会は言論の府。
とりわけ、参議院は良識の府と言われてきました。

今回の参議院における委員会や本会議の運営については、憲法に明記されている2院制の意義そのものを蔑ろにした暴挙と言わざるを得ません。

参議院は衆議院の下請けなんでしょうか。
党利党略に則った参議院での院運営には、多くの国民が政治不信を募らせたことでしょう。

0615-03.gif

「組織犯罪処罰法」

安部首相は、テロ対策強化のため国際組織犯罪防止条約締結に必要な国内法整備の必要性から、今回の「組織犯罪処罰」改正案が出てきました。

改正案では矛盾点が多く、一般国民のプライバシーや報道の自由が奪われるとの指摘に答え切れていません。
適用範囲が明確にされないままの強行採決です。

自民党一強、与党が圧倒的多数を占めた衆参両院。
与党内から意義が出ないままの強行採決は、民主主義の根幹を揺るがす事態だと言って良いんでしょう。

安部政権になって強行採決は3度目。
どの法案も日本国の行く末に大きく影響を及ぼす法案ばかりです。

今のように圧倒的多数を持つ与党体制は、過去の例を見ても極めて危険な状況を招く恐れがあります。
参議院には、言論の府・良識の府であることを今一度見つめなおす必要があるように思います。

 
NEXT≫
プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム