FC2ブログ

廃炉のもんじゅ

513-02.jpg


原発の使用済み核燃料を再利用する「核燃料サイクル政策」の柱とされた高速増殖型原型炉。
1968年に予備設計が始まり、1994年に初臨界したが、実稼働日数はわずか250日で2年前に廃炉が決まっています。


会計検査院の調べによると、高速増殖原型炉「もんじゅ」は、研究や開発のために少なくても1兆1313億円の経費がかっかいます。

このうち4,382億円は1989年以降の保守管理費。
「もんじゅ」の保守管理については、1万個以上の機器の点検を怠っていたことなど、数々の不備が指摘されてきました。
保守管理等でまったくデタラメだったことが判明しており、不要とみられる契約も見つかっています。

莫大な予算を投入した「もんじゅ」が、本格的な稼働をせずに廃炉に向かっています。
国策として取り組んできたにも関わらず、未だにその総括が行われていません。

国は2047年までに廃炉を完了させる計画で、最低でも3,750億円がかかると見込んでいます。
さらに費用が増加すると言われています。
廃炉作業を担う「原子力研究開発機構」は、国会や国民に対してしっかり説明する責任があります。


国会ではモリ・カケ問題で紛糾しているようですが、今後の原子力政策にも大きく影響する問題ゆえ、しっかりと審議すべきだと思います。


原発の再稼働についての最終的な安全を保障・担保する機関がないのは異常と言わざるを得ません。

小さな島国である日本。
エネルギ政策においては、原発に頼らない新エネルギーの研究開発を進めるとともに、自然と共生できるエネルギー政策へと転換すべきだと思います。

 

美容室

513-01.jpg


最近では美容室でカットする男の子が多くなってると言います。

輪島の理容店での今の散髪代は4,000円。
かつて若かりし頃に何度か美容院でパーマをかけたことがありますが、今では2ヶ月に一度散髪する程度です。


全国の美容室での平均カット料金は3,387円だそうです。
輪島はいくらなのか分かりません。

そんな中で、ある美容室では12,000円までカット料金を引き上げたそうです。
メイン顧客は学生と社会人1、2年目の若年男性。
何と男性客が9割以上で、高額にもかかわらず予約は常に数ヶ月待ちだそうです。

[その理由]

お客さんが店で過ごす時間をめいっぱい使って、徹底的に彼らの悩みや夢に向き合っている。
その会話を通してお客さんの背中を押すこと。


利用者は、この店に行くと心が動き、前向きになれると言っています。

そして、「あの人にまた話を聞いてもらいたいから行く」「背中を押してもらいたいから行く」という理由で高額であってもリピーターとなっているそうです。


これを不思議に思う人は、今の若者たちが育ってきた時代背景を理解してないから…だとか。
私もよく理解できない一人です。

私の年代の多くの人は髪が伸びたら行きつけの理容室へ行くのが通常になっています。
理容室は真贋不明のものを見極めるのが大変なほど町の情報が溢れています。

SNS世代を生きてる若者は、「モノ」「情報」が溢れた時代に育っています。
しかし、コミュニケーション能力と自活能力の欠如によって、美容室で高額料金を払ってまで「背中を押してもらえること」に感動するとは…。

この記事を見て詫しくも寂しくも感じました。
時代とは言え、生きるための人間力が足りなくなっているように思えてなりません。


 

オリンピックフラッグ

2020年東京オリンピック・パラリンピックを2年後にして、全国巡回中のオリンピック・パラリンピックフラッグが輪島市にやって来ました。

  5月12日(土)
  一本松総合運動公園・サンアリーナ

512-02.jpg
家族連れの方が記念撮影

輪島では1日だけの滞在となるフラッグ。
私も見に行ってきました。

まだまだ地方ではオリンピックへの意識高揚はありませんが、実際にオリンピック・パラリンピックフラッグを見ると、オリンピックを実感することができました。

会場で偶然一緒になった方が、昭和39年開催の東京オリンピックの際に、石川県内で聖火ランナーだったことも衝撃でした。

私の生涯の中で、日本国内で開催されるオリンピックは今回が最後だと思います。
ぜひサッカー競技を試合会場で観ることが私の今の夢でもあります。



当日のサンアリーナでは、無料体験できるトランポリン教室が開催されていました。

512-01.jpg


 

ワールドエコロジー(株)

512-04.jpg


5月12日、ワールドエコロジー(株)新社屋竣工式並びに法人設立25周年記念式典がありました。

県・市の企業誘致によって輪島市滝又町に進出して20年目。
旧滝又小学校校舎を利用して営業活動をしていた同社が、横地町の旧コメリ跡で新社屋・新工場を移転新装する運びになりました。

まずは。新社屋竣工と今後の発展を祈願する神事。
神事終了後の竣工式典で挨拶する柴田 薫社長。

512-09.jpg

式典終了後は新工場の内覧会。
参加者全員で拝見させていただきました。

512-07.jpg

512-12.jpg

会場を「こうしゅうえん」に移して、設立25周年記念式典。
同社とお付き合いのある各界各層から招待された皆さんも参列されてました。

512-11.jpg

アトラクションでは、輪島高洲太鼓の皆さんが友情出演。

512-13.jpg


ワールドエコロジー(株)&(有)輪風堂が輪島市滝又町に来て約20年。
私の出身母校に来たこともあり、20年近く企業の成長を見守ってきた一人です。

512-06.jpg
輪風堂のなごみそうめん

同社の今後益々のご繁栄を心からお祈り致します。

 

林業公社

510-01.jpg


都道府県の外郭団体である「林業公社」の廃止が近年相次いでいるといいます。

日本国土の70%を森林が占め、うち約30%が国有林。
その他の民有林を対象に林業公社が土地のオーナーと収益を山分けして借金を返す仕組みです。

木材価格の下落によって資産価値が大きく減っているため、そんな林業公社のシステムですがすでに崩壊しているのです。
全国では11県で林業公社を廃止しています。

近年、森林所有者の受益割合を大きく減額しましたが、それでも評価額が上がることはありません。
すでに廃止した林業公社では、帳簿上の資産と比べて実際の評価額は約4%だったそうです。


私が育った時代は、進学費用や結婚費用などは木を売って賄っていたようです。
しかし、林業を取り巻く環境の変化で、木を売って収益を上げるのが難しくなっています。

専門家は、早めに時価で評価しなおし、損失を確定して原因を総括するとともに、「環境や防災のため」という公益性を明確にした新しい森林管理をする制度の確立が必要だと指摘しています。

まさに、その通りだと思います。

森林所有者が管理できなくなっている現状で、森林の果たす多面的な機能が果たせなくなっています。
自然災害防止の観点からも早急に制度を確立すべきだと思います。



※ ショッピングモールの歌姫こと半崎美子さんが明日石川県入りします。
    5月13日 13:30~
    アルプラザ鹿島(入場無料)

 メジャーデビューした後もモールで歌い続ける半崎さんです。
 私は行けませんが、時間のある方はぜひお出かけ下さい! 

 

営農会の田植え

509-04.jpg


滝又営農会での田植えをようやく始めました。

4月8日からハウス内で育苗していたモチ苗もすっかり大きくなっていました。

午前10時過ぎから田植え開始。
午後3時半頃までに約50aの水田にモチ苗を植え終えました。

510-05.jpg

510-03.jpg


昨日は町内でも2軒の農家が田植えを行っていました。

510-04.jpg


昨日は朝方まで雨が降り一日中肌寒い一日でした。

今度の日曜日には約90aの水田にコシヒカリの田植えを行う予定です。
雨の予報ですが、何とか好天に恵まれますように!


 


6月議会日程

0905-03.jpg


輪島市議会 6月定例会の日程が決まりました。

6月 4日(月)  10:00  議会運営委員会
           13:30  予算決算委員会
                  各常任委員会

6月11日(月)  10:00  本会議
                  (提出議案の説明等)

6月12日(火)  10:00  質疑質問通告書提出期限
           13:30  議会運営委員会

6月18日(月)  10:00  質疑質問
   19日(火)  10:00  質疑質問

   20日(水)  10:00  各常任委員会
   22日(金)  15:00  予算決算委員会

6月26日(火)  10:00  議会運営委員会
           11:00  全員協議会
           14:00  本会議


※ 請願・陳情の受付締切  6月8日(金) 17:00


3月11日執行された輪島市長選挙後、初の定例議会になります。
本会議の傍聴はどなたでもできます。



509-05.jpg

※ オリンピックフラッグが輪島に来ます。

   5月12日(土) 9:00~17:45
   一本松総合運動公園:サンアリーナ

   一日限定だそうですので、ぜひご覧下さい!


わが家の前庭のツツジが順番に花開いてきました。

509-02.jpg


 

自然農法輪島普及会

508-05.jpg


自然農法輪島普及会が運営する「輪島 瑞泉郷」で、サツマイモの植え付けがありました。

一緒に植え付けに参加したのは、わじまミドリ保育園の年長組22名の皆さん。
普及会会長の新甫 実さんの挨拶に続いて植え付けに入りました。

508-06.jpg

508-03.jpg

初めて植え付ける園児が多くいたようですが、約20分ほどで150本の苗の植え付け終了。

508-07.jpg

普及会会員の皆さんが後で手直ししました。
雑草予防のためにマルチをかけて秋の収穫を待ちます。

植え付け終了後は保育園で少し勉強会。
昨日の勉強会も秋にはすっかり忘れているであろう年長さん。
それでも収穫体験をすると思い出してくれるかも…と期待しています。

 

三井・健康の森

健康の森の広場がイノシシ被害にあったというので行ってきました。

報道にあった通り、広場のあちこちで修復した跡が見られました。

506-04.jpg

504-08.jpg

ほぼ全域でイノシシが掘り起こしたようです。
何とも嘆かわしいかぎり。

修復しているので、子供たちが駆け回っても大丈夫でしょう。
私が行った日には家族連れが訪れていました。


506-03.jpg

新緑がさわやかな健康の森への道中には、今が見頃の藤の花が咲き乱れていました。
この藤の花もなかなか厄介者ですが、藤がここにありと言わんばかりに今だけ存在感をアピールしています。

 

三井・里山の市

ゴールデンウイーク終了。
昨日は孫娘たちを金沢まで送り届けました。

三井町・茅葺庵の前庭では、里山の市が開かれていました。

506-01.jpg

タケノコご飯や旬の山菜の漬物などをお土産に買い求めて金沢へ。

高松ポケットパークで小休憩。
早速ソフトクリームを食していました。

屋外には小さな足湯で和む人もいたようです。
足湯があることも初めて知りました。

506-02.jpg

連休最終日も風はありましたが、まずまずの行楽日和。
とんぼ返りの金沢行きでしたが、帰りの反対車線は帰路に着く車が列をなして走行していました。

皆さん、それぞれに連休を過ごされたことと思います。
5月病にかからずに、今日からスィッチを入れ替えて頑張りましょう!

 

こどもの日

昨日は子どもの日。
帰省している娘や孫たちと一緒に千枚田へ。

505-01.jpg

さすがに連休。
多くの人が訪れていました。

505-02.jpg

孫娘に誘われるままに、数十年ぶりに海のそばまで歩いて下りました。

505-05.jpg

中段から見る景色は新鮮でした。

505-04.jpg

植えるままの水田には、タニシやオタマジャクシが…。

505-09.jpg

再び上がってくると、当然のようにソフトクリーム。
午前中は暑かったので、ソフトクリームは飛ぶように売れていました。

505-06.jpg



中食後はマリンタウンの大型遊具へ。
ここも連休を惜しむかのように多くの家族連れで賑わっていました。

505-07.jpg

505-08.jpg


ゴールデンウイークも今日で終わり。
娘は昨日帰り、孫娘2人だけがお泊りだったので、今日は金沢まで送り届けてきます。


 

のとキリシマツツジフェスティバル

504-01.jpg

のとキリシマツツジフェスティバル

金沢から帰省する娘や孫たちと、会場ののと里山空港芝生広場で待ち合わせ。

504-04.jpg

504-07.jpg

会場では、のとキリシマツツジの展示即売やフリーマーケット、飲食ブースも出ていました。

特設展示場では盆栽展。
樹齢100年以上の盆栽3点を含め、丹精込めて育てている盆栽が展示されています。

504-05.jpg

花より団子の孫たちも、しばし盆栽を見ていたようです。

昨日も風が冷たく昼過ぎには雷雨とともにアラレが降るというあいにくの天気でした。
同フェスティバルは今日まで開催されています。
今日は良い天気に恵まれますように!

 

春爛漫

503-01.jpg


家の周りの見るものすべてが春爛漫です。
前庭のツツジも咲き始めました。

503-03.jpg

503-04.jpg

いつの間にか朴葉もしっかり大きくなっており、もうすぐ朴葉飯が食べれそうです。

503-02.jpg

雑草も一気に勢いを増し覆い茂っています。
そろそろ草刈りをしないといけません。

503-05.jpg


昨日は町内の忌明け法要に参列しました。
風が冷たく寒い一日でしたが、雨にあうこともなく無事にお勤めできました。

 

農繁期の一日

今まさに農村では農繁期に入っています。

滝又営農会が耕作する水田でもようやく代かき作業に入りました。
前夜に連絡があり、翌昨日が作業日という慌ただしい中の作業展開。

誰も頼めなかったので、私が肥料散布を。
約20kgの散布機を担いで、畔の上を歩いての散布作業。
肩から首に違和感を感じて150kg散布で昨日は終了しました。

502-04.jpg

散布後にようやく代かき作業。

502-02.jpg

502-03.jpg

まだ残り1ha以上の代かき作業が残っています。
昨日の午後は残りの水田に「我田引水」。
田植えは今月中旬になるかも知れません。

例年に比べると、町内での田植えは全般的に遅れています。
それでも昨日は、ようやく町内で最初の田植えを行っていました。

502-01.jpg

今日からゴールデンウイークも後半に入ります。
農家ではゴールデンウイークは関係なしでの農繁期。

天気は下り坂のようですが、輪島に訪れる皆さんには良い天気に恵まれて輪島観光を楽しんで頂きたいと思います。

 

輪島塗の販売

430-08.jpg
輪島漆芸美術館の漆木


ふれて感じる、うるしの温もり企画

ゴールデンウイークの期間、輪島沈金組合・蒔絵組合が、輪島漆芸美術館・研修室で会員出品の作品の展示即売をやっています。

430-04.jpg

両組合員の作品が数多く出品されており、どの作品も手に取って見ることができます。

漆器店では手にもって見ることはできませんが、ここでは自由に輪島塗の作品を手で感じることができるとのこと。
新進の若手作家の作品も並んでいました。

エントランスホールでは沈金の実演も行われており、当日は伝統工芸士:山崎達司さんの担当でした。

430-03.jpg


美術館での展示販売ということで、製作者自らが接客するという企画展。
普段は寡黙な職人さんが接客をするのは大変かと思います。

しかし、せっかくの機会なので、もっと自然に作品紹介することが必要かと思います。
コミュニケーションあってこそ漆芸作品にふれて感じてもらえるんではないでしょか。
ふと、そんなことを感じました。

 
≪PREVNEXT≫
プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム