FC2ブログ

徴用工訴訟

1030-001.jpg


30日午後、韓国大法院(最高裁)が元徴用工の訴訟の上告審で、日本企業に対して損害賠償を命ずる判決を出しました。


戦争における保障問題は、1965年に「日韓請求権協定」で解決済みのはず。
にもかかわらず、戦後73年経った今なお保障問題を持ち出す韓国の国民意識はどうなんでしょうか。
韓国の元大統領が訴訟を促したとの情報もあります。

国と国が交わした協定は遵守すべきであり、韓国政府が責任をもって対応すべきかと思います。


戦後生まれの私ですが、戦時中は悲惨な事があったことは想像に難くありません。
むしろ私の想像以上の事案もあったことかと思います。


韓国で未だに残る「徴用工問題」に「慰安婦問題」。
韓国政府が政治利用しようとしているように思えてなりません。

1030-002.jpg


個人対企業の問題としてより、国家間の問題として捉える事案です。
日韓の外交問題にまで発展する可能性が出てきました。

この問題が提起される度に、反韓国感情が日本国民に根付くように思えてなりません。

 
スポンサーサイト

参道の賑わい

1028-015.jpg
永平寺参道


日曜日に参拝した永平寺には多くの人が訪れていました。
その永平寺参道には多くのお土産屋さんと食事場所があり、訪れた方が立ち寄ることで一大産業になっています。

全国で最も多くの檀家を有すると言われている曹洞宗。
永平寺も曹洞宗の修験道場として建立されています。

その総本山総持寺祖院が輪島市門前町にあります。
門前町という自治体名も全国で門前町だけでした。


全国の有名な神社仏閣では当たり前に存在する参道における観光物産産業。

総持寺祖院という大きな存在(財産)が、門前町の観光や経済に寄与していないのが残念です。

輪島市の主要産業は観光です。
もう一度、総持寺祖院と輪島市の観光と緊密に連携を図ることの必要性を感じました。

参道の賑わい創出は、滞在型観光に大きく寄与すると思います。



「永平寺そば」と「門前そば」。
門前新そばまつりは11月25日に開催されます。

 

壮年会の旅行

27日・28日は壮年会の旅行でした。(参加者11名)

27日6時に輪島を出発して福井へ向かいました。
最初の目的地は小浜・若狭湾の遊覧船でしたが、波浪が高いために欠航。

予定変更して、若狭箸のふるさと館へ。

1028-002.jpg

1028-001.jpg


小浜フィッシャーマンズワーフで昼食。

1028-005.jpg

1028-006.jpg
欠航だった遊覧船乗り場

1028-010.jpg

食を求めるお客さんには最上のもてなしのあるフィッシャーマンズワーフでした。

次は、明通寺へ。
ここも初めて参拝してきました。

1028-004.jpg
山門

1028-003.jpg
三重塔(国宝)


初日の宿泊先は、あわら温泉の「灰屋」。

1028-012.jpg


翌28日は朝8時に宿を出発、まず目指したのは大野城。
ここも初めての地でした。

1028-014.jpg

大野城は山城ですが、天守閣までは300段を超す階段で大変でした。

1028-013.jpg

1028-016.jpg
天守閣から見た大野市街地


次は、永平寺へ参拝。

1028-015.jpg
永平寺参道

1028-017.jpg

1028-018.jpg
参拝の心得を聞く

何枚か撮った写真を掲載します。

1028-020.jpg
天井画

1028-019.jpg

1028-024.jpg

1028-023.jpg

1028-022.jpg

1028-021.jpg

昼食は永平寺参道沿いにあるお店で、永平寺町と福井の名物料理づくし。
昼食後は一路輪島へ。

往復約900kmの旅程。
今年も事故なく、和やかな中での旅行でした。

 

免振ダンパーの不正問題

1026-006.jpg


免振・制振用オイルダンパーの性能データの改ざんが公表されました。

石川県内では、今年新築された県立中央病院NHK金沢放送局にも、性能検査で不正のあったメーカーの免振・制振ダンパーが使用されているとのことです。


メーカーの不正検査はいつからだったのかは未だに不明。
いつまでにダンパーの交換ができるかも未定だといいます。


日本一高層ビル「あべのハルカス」でも検査の不正が発覚したメーカーの制振装置が211基使用されているとのこと。

愛知県や長野県の自治体庁舎や、農水省が入る合同庁舎での免振装置の不正も発覚しています。


地震大国の日本において、免振・制振装置の設置は不可欠です。
それにも関わらず、企業の都合で不正が行われたことは、国民の安心・安全を脅かす大問題です。

すべての建物名は公表されていませんが、基準に合致した強度を有する装置へと一日も早く交換すべきことは言うまでもありません。

日本の企業倫理が揺らいでいます。
建物の安全性確保はしっかり担保されるべきで、各メーカーの適正な対応を待ちたいと思います。

 

紅葉と落葉

1026-002.jpg


昨日の午前中は秋晴れの穏やかな天気でした。
里山では畑に出ている人が多かったようです。


朝夕の気温が10℃を下回るようになり、輪島での紅葉と落葉が始まっています。

輪島漆芸美術館前の並木は、紅葉から落葉へと進んでいました。

1026-005.jpg


町内の梅の木はすでに落葉してますが、何輪かが狂い咲きしてました。

1026-001.jpg

1026-004.jpg

日中の暖かさが春を思わせたんでしょうか。

今年は何度か台風で風を受けているから綺麗な紅葉は見れないかもしれません。

天気は下り気味ですが、今日から壮年会の皆さんと福井方面へ紅葉狩りに行ってきます。

空路で輪島へ

徳島県内の視察を終え、昨日は輪島へ帰ってきました。

 9:25  徳島駅発 - 徳島空港行

10:50  徳島空港発

1025-007.jpg
徳島空港

機内アナウンスで富士山が見えるとのことでしたが、スマホではきれいな富士山が撮れませんでした。
写真中央の雲の上に冠雪しているのが富士山です。

1025-008.jpg


12:05  羽田空港着

昼食は行列の出来ていない店へ初めて入り、その店ではカレーうどんでした。

1025-003.jpg

2時間以上羽田で時間待ち・・・。
空港内のあちこちと徘徊。
最上階で全国の物産展を開催していたので、会場をひと回りしてきました。

1025-004.jpg

展望台ではカメラマンや見物客がいっぱい。

1025-005.jpg

また、アイボくんが突然現れて人だかりができていました。

1025-002.jpg

それにしても、羽田空港内はいつも人が溢れています。

1025-001.jpg


14:55  羽田空港発
15:50  のと里山空港着


議会での視察はのと空港を使うという暗黙のもと、昨日は徳島から移動だけで輪島まで帰りました。

 

委員会視察

地方創生特別委員会の行政視察に参加しました。
(10月23日~25日)

10月23日(移動日)
  のと空港ー羽田空港ー徳島あわおどり空港
  (鳴門市泊)

10月24日  
9:30  鳴門市役所訪問

・ エコノミックガーデニングnewsいついて

1024-009.jpg


鳴門市は大塚製薬発祥の地。
企業誘致が進まない中で、地元偉業の支援を行っています。

やるきのある地元企業を職員が直接訪問して意見を聞き、異業種とのコラボや新商品の開発等に支援を行っていました。
     


14:00  NPO法人 グリーンバレー訪問(神山町)

 神山町 人口約5,300名

1024-006.jpg


全国から注目される神山プロジェクト~創造的過疎から考える地域の未来~について視察をしてきました。

事務局長の竹内さんから約1時間半にわたって、今日までの取組について話を聞くことができました。

1024-010.jpg


神山プロジェクト
・ ワークインレジデンス
・ サテライトオフィス
・ 神山塾


グリーンバレーは2004年に設立。
その前身として、民間から国際交流協会設立から始まったそうです。(詳細省略)

まさに、「人と人の繋がりから、また新たな人が神山へやってくる」。
当初は誰も予想できなかったほど芸術家や企業のサテライトオフィスで働く移住者が増え、新規に起業した店舗などにより地元農家への波及効果もでています。
地方創生総合戦略事業の先進地であることは間違いありません。

説明を受けた後、実際に開設されたサテライトオフィスや、新規に起業した施設にも案内していただきました。

1024-005.jpg
プラットイーズのサテライトオフィス

1024-003.jpg
コワーキングスペース(徳島県管理)コンプレックス

昨日の
コワーキングスペースでは、徳島県庁職員の研修が行われていました。

1024-001.jpg
新規開業した地ビール工場


グリーンバレーでは、何冊かの実践例の本を出版しています。
本だけでは理解できなかったことも、今回の視察で納得できました。


前例や規則に縛られることなく、先例を自ら築いて行動する人がいました。
前例に捉われず行動することは難しいことです。
特に、行政に携わる人間にとってはリスクでしかありません。

それでもやり遂げる信念が、今の神山町へと導いたことは間違いありません。
今では、徳島県はもとより、国の地方創生のモデルになっています。

今回の貴重な体験を、今後、どのように輪島市の総合戦略に取り入れるかが課題になります。
機会あるごとに提案・提言をしていきたいと思います。

今日の午後便で輪島へ帰ります。 

 

輪島のイベント

今年もあと2ヶ月あまりになりました。

輪島のイベント情報を掲載します。

☆ 「わじま里山里海まつり」&「輪島ふぐまつり

    11月4日(日) 9:00~

1019-001.jpg


☆ 「輪島かにまつり

    11月18日(日) 9:00~

1019-002.jpg

1119-05.jpg


輪島市で今年最後となる食のイベントです。
市外県外から来られる方は予定に入れておいて下さい!



☆ 輪島市民文化祭あいの風

  会期  10月28日~11月4日
  会場  輪島会場・門前会場

 各会場で作品展やお茶席、音楽祭及び芸能祭、講演などが企画されています。
 ぜひお出かけ下さい!

 

大屋校下敬老会

昨日は「大屋校下敬老会」に参列しました。

会場  のと吉
開宴  11:00


大屋校下は80歳以上の方が招待されています。
昨日は40人あまりの方々が参加していました。

1022-001.jpg


80歳以上の方で敬老会に出席できるのは凄いことです。
出席された方は、出されたご馳走をしっかり食べていました。
まさに、健康長寿の方が出席していたんでしょう。

久しぶりに「わいち通り」へ入ったら、「重蔵神社表参道」の登り旗が何本も立っていました。

1022-002.jpg



今日は「滝又校下敬老会」。
残念ながら、今日から特別委員会の視察で輪島を離れるので参加できません。

 

サッカーフェステイバル

サッカーフェステイバル

会場  マリンタウン競技場
主催  輪島市サッカー協会


昨日は秋晴れの中、ジュニア、中学生、高校生、社会人、シニアまで、すべての世代が集まってサッカーフェステイバルが行われました。

9:30 初戦はジュニアチームとシニアチームの対戦。

1021-004.jpg

1021-003.jpg
シニアチームのメンバー

メインの試合は輪島クラブ対輪島高校。

1021-001.jpg

一日の長で輪島クラブの力が勝ったようです。

最終戦は、輪島クラブ対シニアチーム。
今年からシニアチームも若返り、輪島クラブと対等な試合ができました。

大会終了は午後3時。
終了後に記念撮影を。

1021-006.jpg


ジュニアからシニアまで全チームが揃ってのフェスティバルは久しぶりでした。
昨日はサッカー日和で、世代を超えてサッカー交流ができたようです。


 

市政懇談会

1020-001.jpg


大屋地区・市政懇談会が昨日行われました。
(会場 : 大屋公民館)

地区の区長さん方や地域の方が参加しての懇談会です。

10:00  開会

10:05  市政報告

11:10  事前要望についての説明

11:20  市政一般に関する質疑応答

 ・ ごみの不法投棄について
 ・ 風力発電について
 ・ 路線バス廃止にともなう「あいのりバス」について
 ・ 港の堤防のひび割れ等について
 ・ その他

区長さんや一般住民の方から質問が出ていました。
限られた時間の中でしたので、まだ聞きたいことがあったかも知れませんが、12:00過ぎに懇談会を閉会しました。



市政懇談会前に「馬場崎の市」へ行きましたが、長い商店街に出店している方がまばらだったので、寄らずに公民館へ向かいました。
店がまばらだと寄りにくい。
そんな印象を持ったので、次回開催にあたって少し検討する必要があろうかと感じました。


今日はマリンタウン競技場で「輪島市サッカーフェステイバル」を開催します。

 

落合みつを

落合みつを キャンペーンライブ in 輪島

10月19日  18:00~
輪島漆芸美術館

 落合みつを(シンガーソングライター)

夕方から雷雨に見舞われるというあいにくの天気でしたが、私も漆芸美術館へ行ってきました。

1019-003.jpg


落合さんは、ニューアルバム「繋ぐもの」発売記念で全国ツアーを行っています。

そんな落合さんは、昨日行われた市内小学校の「合唱の集い」にゲスト出演しています。
夜は輪島漆芸美術館でのミニライブでした。

私は落合みつをさんを知りませんでした。
約1時間のミニライブでしたが、その中で彼の歌手としての生き様が垣間見えたようでした。

ショッピングモールの歌姫こと半崎美子さんとダブるイメージを感じたのは私だけでしょうか。



共催だったイギリスの名車たちは、残念ながら雨に見舞われて市民の目に止まらなかったかも知れません。

1019-005.jpg

1019-006.jpg

せっかく輪島まで来てくれた名車たち。
良い天気の中で多くの方にお披露目できなかったのが残念です。

 

セイタカアワダチソウ

ここ数年姿を消していたセイタカアワダチソウが、またもあちこちで繫茂しています。
外来種ですが、あっという間に生い茂ってしまいました。

1018-001.jpg
中段町


セイタカアワダチソウは一定以上繁殖すると一旦は消えるようです。
市内のあちこちで黄色い花を咲かせてますが、この花粉が飛散すると花粉症の人を悩ませます。
花の咲く前に刈り取れば良いんでしょうが、どこにでも繫茂するから厄介な植物です。



イノシシの捕獲檻を設置して丸2年。
2年ぶりにウリ坊1頭が捕獲檻に入り、猟友会にお願いして殺処分に…。

1018-002.jpg

町内の被害状況からいくと、数十頭いると思われます。
農作物や農地、用水路等の周辺を荒らしまくっているイノシシ軍団。
人間の勝手かもしれませんが、やはり捕獲するしかありません。


セイタカアワダチソウ&イノシシ。
どちらも歓迎されない動植物です。

 

旧東屋の解体

1016-001.jpg


旧東屋の解体工事が始まっています。

旅館部分の解体前に、隣接する木造家屋から解体工事を始めていました。

1016-002.jpg

幹線道路沿いにある旧東屋(旅館)。
全日本競歩大会の沿道に建っていて危険なことから、輪島市が債権者から購入し解体工事を行っています。(来年3月末までに解体工事を完了する予定)

高層建築物の高層階から小峰山への通路を設置するなど、建築物の構造は複雑に建て込んであるようです。

久しぶりに小峰山に上がってみました。
市街地を少し高いところから見ると新鮮に映ります。

1016-005.jpg


市街地に限らず、市内の各地で空き家が増えつつあります。
今年度に入り、個人住宅を強制解体する事例も出ており、今後ますます同様な事例が出ることが予想されます。

 

緑の環境プラン大賞

第29回 「緑の環境プラン大賞

(財)都市緑化機構・(財)第一生命財団が主催する「緑の環境プラン大賞」に、輪島市の「チーム おんぺこ」の企画が選出されました。
(副賞として800万円)


「輪島の朝市横鰈~蝶々とあそぶ みんなの庭をつくろう」

事業場所  輪島市河井町2-66-1


1016-003.jpg


市街地の空き地を利活用して・・・

 ・ 公園づくり
 ・ 縁側ガーデンの居場所づくり
 ・ 輪島弁の町づくり


朝市通りに通じる街中の空き地を、緑豊かで蝶が舞う交流の広場とするもの。
蝶をはじめ、能登の里山で見ることができる生き物を誘引し、子供から高齢者までが集い、共に庭仕事を楽しむことのできる交流拠点を目指しています。

1016-007.jpg
イメージパース


来年3月末を目途にシンボルガーデンを完成させる予定だそうです。

受賞の助成金だけではすべての環境整備は難しいでしょうが、協力者のネットワークを広げながら、市街地で「輪島型デザインの空き地緑化」を進めるモデルになることを願っています。

 


NEXT≫
プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム