FC2ブログ

がれき調査団 宮古市へ

がれき受け入れを前提にした調査団が、今日から岩手県・宮古市へ向かいます。

地元の区長さんや関係団体の皆さんを同行させての調査団です。

燃やせる木材がれきは、現地で建設中の焼却施設で対応可能なのに、何故こんなに前のめりになるのか。

放射性物質が広範囲に拡散されていることが徐々に判明している中、さらに全国に拡散する意図が理解できません。

まして、はるか遠くの輪島市まで持ち込む理由さえ不透明です。

能登半島4市4町が「世界農業遺産」に認定されたことが、これからの輪島市の歩むべき道をを示しています。

そんな現実を封殺してまで、市民にとってリスクしかない危険な選択をしようとしている。

その背景には何か別の思惑があるとしか考えられません。

その思惑が何であれ、放射性物質を含んだがれきが搬入されてからでは手遅れです。

あとの後悔 先に立たず。

これからの輪島市を担う世代に、大きなリスクを負わすことはできない。

将来に禍根を残さないようにすることが、今を生きる私たちの最大で最低限の義務だと思います。

輪島市が被災地に対する支援策は、別の方法がいくらでもあります。
 
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム