FC2ブログ

富山市の高齢者

 「なぜ富山市の老人は、死ぬまで歩いて暮らせるか」という記事がありました。

国の調査によれば、65才以上の高齢者の一日当たり平均歩数は5368歩。
これに対し、富山市が公共交通の割引サービス「おでかけ定期券」の利用者を調べた結果、65才以上の平均歩数は6360歩で、全国平均より1000歩近く多かったそうです。
医療費に換算すれば年間7500万円程度の効果だといいます。

富山市内には路面電車が走っています。

1025.jpg

この路面電車の利便性を図り、高齢者の利用促進を図り「コンパクトなまちづくり」を行った結果として、平日で2.1倍、休日で3.4倍も利用客が増えています。

地方ほど車に依存しがちで歩かなくなります。
地方と都会の違いは歩数にも関係があるようです。

輪島市街地を周遊する「のらんけバス」は100円で乗れます。
一方、地方路線バスの乗車賃は地域によっては高額になります。しかし、それでも毎年高額な赤字分を補填している現状です。
交通弱者が利用するバス路線を、もっと利用者が何度でも年間を通して安く利用できるパスの発行などを考えてみてはどうでしょう。

いつでも、市内のどの路線でも何度でも乗れるパスを。
まさに「お出かけパス」の利用により、市街地はもとより近隣の町内へも気軽に遊びに行けるようになれば、歩数も増え健康長寿の方が増えるかも知れません。
このことは既に提案してありますが、スピード感をもって対処して欲しいものです。
 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム