FC2ブログ

原発からの脱却

福島原発の事故から1年以上経過した。

この間、原子力安全保安院や安全委員会に対する国民の信頼は完全に失墜し、御用学者の烙印を押されたままで何ら機能していない。

菅総理は脱原発依存を言い放って失脚したが、その後の野田総理では脱原発について全く議論が進んでいない。

と言うより、雄弁な野田総理は、根拠のないままに原発の再稼働により積極的である。

福島原発事故の原因究明さえ未だ解明できていないのに、経済界からの要望と電気料金の値上げによる電力会社の脅迫的な姿勢に呼応している。

福井県・大飯町議会が原発の再稼働を議決した。政府の要請があってのことだろう。

それほど、経済界や電力会社からの政治献金が多いのは大きな問題だ。

福島原発の事故を機に、ドイツは脱原発の道を選択した。

「より安全なエネルギー供給に関する倫理委員会」を設置し、リスクを抱えた原発の利用に「倫理的根拠がない」と結論付けたのが決め手になった。

これまでの日本には、原発の稼働について「倫理」が入り込む余地がなかった。

利害関係者への手厚い配慮だけが優先されてきたようだ。

福島原発事故が東日本の広範囲に被害を及ぼし、多くの被災者を出している。

被災者・被災地への補償には莫大な予算を要することは確実で、西日本において再度このような原発事故が発生すれば、日本経済とともに国民生活自体が破たんすることは明白である。

経済至上主義の崩壊は明らかで、国民の安心・安全と生命・財産を守ることを第一義に考えるべきである。

地震列島日本では、原発の安全神話は完全に崩壊している。

与野党を問わず、国会議員は真剣に考えるべきだと思います。
 
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム