FC2ブログ

幻のスタップ細胞

昨日(19日)、理化学研究所が「スタップ細胞」の検証実験で、「スタップ現象は再現できなかった」ことを発表しました。

今年の初めには大々的に脚光を浴びた「スタップ細胞」の議論に終止符が打たれたことになります。

1219-6.jpg

「スタップ細胞はあります」言い切った会見から8ヶ月。
小保方さん自らが7月から先月末までスタップ細胞の作製を試みたが、48回の実験で一回も成功しませんでした。
別の検証チームでも小保方さんの論文通りではスタップ細胞はできないことを実証しています。

小保方さんは21日付けで依願退職し、この件は一件落着?
結果だけ見ると当然の結果だと思います。

しかし、日本を代表する理化学研究所において、何とも「スタップ細胞に関する論文発表」は不可解に思えてなりません。
・ チェック機能が全く働かないままに論文の発表に至ったこと。
・ 責任者が経緯経過を説明せずに自殺したこと。

今でも様々な研究を地道に続けている研究者も多いかと思います。
理化学研究所も、この不測の事態を今後に活かして、研究者が迷いなく研究できる環境を一日も早く取り戻してくれることを願うばかりです。

小保方さんは理化学研究所を離れ、周囲からの厳しい視線に晒されることになります。
この試練を克服するのは至難だろうと思いますが、彼女はまだ31才。
今でも「スタップ細胞がある」と考えているなら、新天地で研究を続けるべきでしょう。

自分のために、そして、人の役に立つために!
 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム