FC2ブログ

鳥インフルエンザ

日本各地で相次いで「鳥インフルエンザ」が発生しており、今年は岡山県・佐賀県で発生しました。
今年度は、熊本・宮崎・山口県に次いで5県目です。

高病原性鳥インフルエンザと診断されると、養鶏場で飼育されている鶏はすべて殺処分されます。
極めて感染力が強いウィルスで、岡山で20万羽、佐賀で7万羽すべてが殺処分されました。

10年ほど前になりますが、鳥インフルエンザが流行しだした頃から養鶏場では鶏の飼料に抗生物質を与えていると聞いた時から、私は抗生物質の投与に大きな疑問を抱いています。
そして、抗生物質を投与した鶏卵や鶏肉を食べることに危機感を抱いている一人です。

厚生労働省は、鳥インフルエンザはすぐには人に感染しないと言っています。
果たしてそうでしょうか?

0118.jpg

上の図のように人への感染の可能性もあるようです。

牛や豚、その他の家畜にも伝染性の強い病気があります。
そのすべてに抗生物質の入った飼料を与えているとしたら怖いことです。

私はこの10年ほど鶏卵及び鶏肉は食べていません。
加工食品のほとんどに鶏卵が使用されているので、鶏卵を使用した加工食品も食べないようにしています。

自然農法や自然食品と関わって20数年になります。
そのこともあってか周囲から変人扱いされることもありますが、私なりの食育を実践しているつもりでいます。

それにしても、さまざまなインフルエンザは変化を遂げながら勢いを増しているように思います。
個人での防御には限界がありますが、自分で防げる最大限の予防は怠らないようにしたいものです。
 
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム