FC2ブログ

電力会社の株主総会

先日は電力各社の株主総会があったようです。

北陸電力の株主総会には718人が出席したが、脱原発を含む株主提案9議案はすべて否決されたとの報道がありました。

原発再稼働による利益優先が明確になったんでしょう。
原子力規制委員会が志賀原発直下の断層について、「活断層の疑いがある」との見解で一致しています。

使用済み核燃料の最終処分場が決まらないまま、まだ不要で多額の経費をかけて原発再稼働に猛進する電力会社って何なんでしょうか。

株式会社でありながら公益性の高い電力事業。
これまでは、それぞれの地域において電力配給の独占企業です。

「安定した電源の確保」を大義に進めてきた原発の稼働でしたが、安全神話が崩壊した今、人間がコントロールできない原発とは決別すべきだと思います。
極めつけは核燃料の最終処分にも大きな問題をはらんでいることです。

北電の株主総会では、北陸発で脱原発を訴える絶好の機会でもありました。
しかし残念ながら、株主である富山県や石川県は脱原発議案に反対しています。
これも電源三法交付金によって地方へ配分されるアメの成す仕業でしょうか。

県民の安全と安心を確保することが行政と政治家の最大の使命であるはずです。
県民の生命と財産は基より、住んでいる地域に住み続ける権利さえ奪い去る危険の高い原発。

0311.jpg

17・18才を対象としたアンケートによると、政治家を信用していない人が80%を超えています。
これは、政治家と国民感覚との大きな乖離が原因かも知れません。

「ノー モア 福島」
同じ過ちを犯してはなりません。
 
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム