FC2ブログ

参議院での審議

0919.jpg
深夜の国会前

0919-1.jpg

今日の午前2時過ぎに、「安全保障関連法案」が可決されました。

国会は衆議院と参議院の二院制となっています。
国会は「言論の府」であり、特に参議院は「良識の府」とも言われてきました。

ここ数日、参議院の特別委員会での審議や本会議の中継を見る限り、「良識の府」を感じることができませんでした。
参議院の存在価値が無くなったように感じます。

これまでも参議院は衆議院の補完的役割でしかないという指摘の声もありましたが、今回の法案審議状況を見るとより鮮明に参議院不要論が浮上しそうです。

かつては、自民党内でも法案に異論を唱える議員がいたようですが、近年は重要法案であっても反対の声が全く聞こえてきません。
多様な意見を持つ自民党議員が誰も異論を唱えない、そのことも異常事態だと感じています。

最大野党の民主党は対案を示すことなく反対のための反対だけでした。
与野党を問わず、国会議員が総じて自らの保身に走っているようにしか考えられません。

今一度、参議院議員の一人ひとりが二院制の意義を認識して審議に臨むべきでしょう。
そして、数の論理だけが民主主義ではないと思います。

国際情勢は、アメリカ一強時代から大きく変わってきていることは事実だと思います。
政府与党は米国からさまざまな情報や圧力を受けているんでしょう。
守秘義務もあってか、私たち国民はその具体的脅威を知ることはできません。

多くの国民が不信感を拭えないままで重要法案が成立しました。
 
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム