FC2ブログ

輪島塗加飾見本展

先日、「輪島塗加飾見本展」を見てきました。

会場 : 輪島塗会館
会期 : ~1月25日(月)

0118-6.jpg

会場では写真撮影禁止だったので、会場の雰囲気だけ撮ってきました。
蒔絵・沈金・呂色の3部門で出展されています。

コーヒーカップなど同じ形態のものに、それぞれの加飾を施した見本展。
友人・知人も出展しており、興味深く鑑賞してきました。

加飾した作品を見て、注文者の要望に応えて製作に入る試みです。
参考価格も表示されていましたが、一人でも多くの職人さんが受注できると良いんですが・・・。

輪島漆器組合では「輪島塗」の定義が決められています。
様々な素材を使って加飾に挑戦している職人さんが何人もいるんですが、なかなか日の目を見るに至っていません。

輪島塗という伝統工芸を保存し、後継者を育成するには現在の取組だけでは継承できないように思います。
「伝統工芸は絶えず新しいことに挑戦すべし」とも言われています。
これまでの食器やパネル以外にも、さまざまな場所や部位にも利用できる製品への活用ができないものでしょうか。

輪島塗を未来へ継承するには後継者の育成がかかせません。
輪島漆器組合においては、もっともっと後継者の育成に意を注ぐべきだと思います。

入賞作品は、2月16日から4日間、東京ビッグサイトの一角で展示されるそうです。
 
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム