FC2ブログ

ミャンマー新政権

ミャンマーで新政権が誕生しました。

長く軍事政権が続いたミャンマーでしたが、先に行われた選挙で「国民民主連盟(NLD)」が2/3以上の議席を獲得し、民主化へと動き出しました。

NLDの党首だったアウンサン・スー・チーさんは憲法上大統領になれないことから、側近を大統領に据え、自らは4大臣ポストに就くとのことです。

0320-3.jpg

約20年ほど前に「漆文化調査団」の一員としてミャンマーを訪問したことがあります。
当時、アウンサン・スー・チーさんは自宅軟禁状態で、自宅の垣根越しに民主化を訴える姿をみました。

長期にわたり軍事政権から抑圧されてきたアウンサン・スー・チーさんでしたが、ここに来てこれまで訴え続けてきたことを実現する機会を得たことになります。

軍部に議席を担保する憲法からすると、完全な民主化移行とはなっていません。
今後においては、軍部や少数政党との連携を図りながらの政権運営になるんでしょう。

民主化によって、日本をはじめとして先進国からの企業進出が一気に加速しそうです。
ミャンマー経済も加速度的に発展し、国民も物質的な豊かさを享受することになるんでしょう。

私がミャンマーを訪問した際には、電気の通じていない奥地へも入っての調査でした。
そこでは、人間本来の豊かさを持った人たちに会えたような気がしました。
物質的豊かさはないにしても、子ども達の屈託のない笑顔や家族、集落での集団生活を見るにつけ、かつての日本を思い出させてくれました。

物質文明に長らく馴染んだ私たちには、数十年前の生活水準に戻って生活できるとは思いません。
しかし、人間としての本来の幸せはどこにあるのかを考えさせられたのがミャンマーを訪問した時でした。

ミャンマーの民主的国家の樹立や経済的発展もこれからです。
外国企業の進出により、ミャンマー国民の生活はあらゆる面で激変することでしょう。

物質の豊かさは必ずしも国民を幸せにするものではないように思えてなりません。
今後のミャンマーの行く末を見ていきたいと思います。
 
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム