FC2ブログ

委員会の開催

5日の午後、予算決算委員会及び各常任委員会を開催し、6月議会に提案される議案の説明を受けました。

その後、午後3時から地方創生特別委員会の開催。

0606-01.jpg
門前町大釜集落


管理型産業廃棄物最終処分場建設において、輪島市と(株)門前クリーンパークとの間で締結さる環境保全にかかる協定書(案)が示され、その案についての説明が行われました。

昨日は資料説明のみで、8日(木)午前10時から地方創生特別委員会を開き、質疑質問を行うことになりました。

通常であれば、事業者から環境影響評価書が提出され、輪島市民に1ヶ月の縦覧がされた後、問題なしとなった後に協定締結とすべきだと思います。

何ゆえに協定の締結を急ぐんでしょうか?
この時期に環境保全協定書を締結する意図が解りません。

協定締結(案)の資料を配布して説明を受けたんですが、説明の後には資料は回収されました。
持ち帰っての検討ができない状況で8日の特別委員会での質疑となります。

(案)の段階なので資料の回収は無理からぬところもあると思いますが、特別委員会終了後に概ねの理解を得られたという既成事実を作るためだとしたら大きな問題です。

本来は半数の議員しか所属しない特別委員会での審議ではなく、議員全員で議論を深める必要のある大きな問題です。

協定書(案)では、特定放射性廃棄物の文字も出てきたようです。
国や県を含め、輪島市民の見えないところで大きな力が働いているように思えてなりません。

8日の特別委員会では、果たしてどれだけ疑問に応えられるのか。
疑問や提言に対してどれだけ柔軟に内容変更できるのか。

管理型産業廃棄物最終処分場を地方創生特別委員会(委員長:中山勝)に付託する意味が理解できません。
地方創生とは到底結びつく施設ではないと思います。

産業廃棄物最終処分場建設問題は、輪島市で初めてとなる住民投票まで行った重大事案です。
執行部も議会も民意を尊重し、あらゆる角度から慎重に審議する必要があると思っています。

 

スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム