FC2ブログ

企業の不正

ここ数年にわたり、日本の一流企業の不正問題が多発しています。

つい最近では、神戸製鋼所のデータ改ざんがありました。
アルミ製品や銅製品について、組織ぐるみで検査証明書のデータを書き換え、その性能を偽装してきたというものです。

納入先は200社に及び、その影響は計り知れません。

技術立国である日本の製品は世界からの信用も厚かったところですが、神戸製鋼所のデータ改ざんが日本製品に対する信頼を大きく失墜になることでしょう。

三菱自動車、日産自動車、東芝など、信じられないような偽装が連続して発覚しています。
製造業として、一流企業のモラルは消滅してしまったようです。

一流企業の不正は、当会社を経営危機に陥れるだけではなく、関連企業の経営にも直接影響を及ぼします。
社員や従業員の雇用においても然り。

1013-01.jpg


何度も目にしていますが、経営陣は平身低頭の謝罪会見。
経営者の責任はうやむやに終わり、犠牲となるのは関連企業や下請け業者、そこに働く社員にしわ寄せがきます。

国内企業に海外資本が流入して久しくなりますが、日本人の経営美学が喪失したのは嘆かわしい限りです。
松下幸之助さんや本田宗一郎さんが生きていたら、どう思い、どんな指導をしたでしょうか。

日本を支える政治と経済。
どちらもモラルが劣化しているようです。

 
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム