FC2ブログ

格安航空事業

ana.jpg


能登空港が開港から10年目を迎えています。
ここ数年は、搭乗率の確保に大変苦慮しています。

最近は、国内線・国外線で「格安航空」が目立ってきました。
航空会社によってサービスも様々なようです。

これまで何度か能登空港~羽田便に搭乗しましたが、やはり航空代金が高いと思います。
航空券の購入だけだと、とんでもない料金になります。
宿泊込みのパックにしたら、航空券の往復料金とは安くなるという矛盾もあります。

飛行時間は1時間。
客室乗務員が笑顔をふりまき、かつては飲み物サービスに回っていました。
わずか1時間のフライトの場合は、緊急事態が発生しない限りは不要な存在でした。

関東圏からの誘客もそうですが地元利用客にとっても不要なサービスを全面的に排除して航空料金を下げる中で、本来の搭乗率をあげて運航すべきだと思います。

格安運航システムを能登空港をはじめ地方空港に運航させることが、地方の交流人口の拡大に大きく寄与するかと思います。
日本航空が再上場した今、そんなことを考えてしまいます。
 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム