FC2ブログ

所有者不明の土地

630-01.jpg


ある調査によると、2016年時点の所有者不明の土地面積は、九州を上回る約410万ヘクタールになるといいます。

中山間地では山林化した土地が多く、耕作放棄地が雑草地から雑木地へと荒廃していくのが現状です。
所有者が死亡し子孫が分からないケースもあるそうです。

現実問題として、町内でも空き家が出ており、将来的に帰ってくる可能性は低いです。
山林の境界すら知る人が少なくなっている現状です。

中山間地直接支払制度の補助金があるお陰で、何とか耕作放棄地の維持ができています。
この補助金助成がなければ、水田の荒廃が進むことは明らかで、自然環境の保全は極めて困難になるでしょう。


政府は、登記の義務化や、所有者が土地を放棄する制度を検討する方針を示しています。
所有者不明の土地を知事の判断で期限付きで公益目的で使える特別措置法が成立しました。


輪島市では危険空家の強制解体を決定しました。
持ち主に対して解体するよう申し入れていますが、費用もかかることから応じず解体を強制執行します。

所有者不明となると、道路改良工事に係る用地買収もできません。
相続登記するにも多額の経費を要するため、中山間地では未登記のまま放置されている例もあるようです。

所有者不明土地を解消するためには、相続放棄を含め、今後より抜本的な対策を講ずる必要があります。



630-03.jpg

関東地方は梅雨明け。

今年も今日で半年が終わります。
何とも月日の経つのが早く感じるようになりました。

 
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム