FC2ブログ

輪島市議会

0612-01.jpg


輪島市議会 質疑質問2日目

昨日は5人の議員が登壇して質問に立ちました。

[ 私の質問(要旨) ]

1. 地域おこし協力隊について

(Q) 総持寺通り商店街を総持寺祖院の参道としての街づくりをするため、同時に10人程度の地域おこし協力隊を採用してはどうか。2021年には、総持寺開創700年という記念行事が総持寺祖院で開催されるとのことですが、その記念行事に合わせて参道とすることが良い機会だと思います。禅の里づくり協議会を設置して協議に入っているようですが、全国から移住・起業希望者を募って採用することによって、商店街の活性化が進むと思われます。観光都市輪島として、早急に対策を講じる必要があると思うが、市当局の対応を伺います。

(A) 禅の里づくり推進協議会の地域づくり部会で様々なイベント等で活性化を図っている。地域おこし協力隊は、募集側と応募側の思いにずれが生じ、明確な目的を持った応募者であれば臨機応変に対応したい。


2. 合葬墓の建設計画について

(Q) 合葬墓の建設について検討していると思うが、その検討結果について示されたい。

(A) 久手川町の旧火葬場跡地など含め候補地を本年度中に決定し、周辺整備と併せて課題を整理し、来年度中には実施設計を行いたい。

3. 空き家対策について

(Q) 昨年度の助成制度を利用した空き家の解体件数は何軒あったか。また、空き家が多く存在するのに、市のホームページでは掲載されている件数が少ない。移住希望者等には空き家を探しにくい状況にあるが、個人財産であるため空き家の把握は難しい面もあるが、地元の不動産屋さんなどと連携し、空き家を求める方々のニーズに応えるべきで、専従の職員配置が必要ではないか。

(A) 昨年度の補助制度を利用した解体実績は61棟。また2棟の危険な空家については行政代執行を行っている。本年度から空き家対策をきめ細やかに行うため、2名体制で業務にあったている。また、昨年度から不動産仲介業者や建築士、建築業者なども参加した協議会を組織し、より専門的な相談体制の充実や空き家の利活用を推進している。

4. 教育問題について

(Q) 市内の小中学校は少子化で統廃合が続き、将来にわたって正常な教育環境を維持するのは難しい時期に来ています。専門家や経済界からも、今の画一的な教育から脱却し、子供たちが自立し、社会の中で自己実現できるためには、自ら学び考える力を養うとともに、他者と共感する心などを育むことが必要と言われています。国内でも特色ある教育環境を整備した私学があると聞きます。この際、多様な学習機会の提供を行える小中一貫及び小中高一貫校の私学を誘致してはどうか。これから社会が求める人材育成を実践するモデル校として、全国から学びたいと思い子供たちが輪島に集結するような学校の必要性を感じていますが、どのように捉えるか伺います。

(A) 子供たちの自主性を育むことは重要であり、市内の各学校でも取り組んでいる。提案の件については、今後の検討課題とさせていただきます。



私の質問時間は20分。
3人以上の会派は代表質問として45分の質問時間が割り振られています。


今日は各常任委員会で議案審議が行われます。 
議会での実質審議は今日で終了予定で、最終日(7月3日)の本会議で採決される予定です。




参議院議員通常選挙

  7月 4日   公示
  7月21日   投票



 本ブログで入力ミスなどから誤字脱字が時々入り、コメント欄で指摘されてその都度訂正しています。今後ともよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム