FC2ブログ

日韓関係

日本と韓国の関係がますます悪化の一途を辿っています。

その時々の国のトップの政治的思惑が大きく影響を及ぼす外交政策。
韓国の文大統領は対日本外交を見誤ったようです。

0729-001.jpg


問題は、戦中の元徴用工の補償について日本企業に賠償請求。
韓国の最高裁は昨年11月、日本企業に対して保証を命ずる判決を出しました。

日本政府は、「1965年韓日請求権協定で終わった」としています。
今年1月には2国間協議、5月には仲裁委員会の開催を要求したが、韓国はどちらも拒否しています。


それに対して日本は、対韓輸出優遇措置を解除するという強硬手段を取りました。

国と国との約束は宰相が代わっても継続されるのが国際的常識です。
慰安婦問題や徴用工問題で何度も日本に難癖をつけてきた韓国政府ですが、やはり国家間の協定を順守した上で外交を進展させるべきかと思います。


日本政府は経済界の後押しもあって一歩も引かぬ構えです。
昨日は、「日韓協定に関する交渉記録」を公表しました。

マスコミは地方自治体や民間交流も中止されたことを報道しています。
本来はその根幹にある問題をしっかり指摘する必要があるんではないでしょうか・・・。


国家間のすべての安定は外交によってのみ成就するものです。
経済戦争も戦争であることに変わなく、両国の経済に大きな影響を及ぼすのは必至です。


このままでは、日米間3国の関係にも影響を及ぼし、引いては、対中国や北朝鮮との関係にも影響します。
ここは文韓国大統領の大局を見据えた賢明な判断を早急に行う必要があると思います。


 
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム