FC2ブログ

漆芸技術活用セミナー

0831-003.jpg


先週土曜日の午後、「漆芸技術活用推進事業セミナー」が輪島漆芸美術館で開催されました。

講演  「日本文化としての漆器に明日はあるか」
講師  前崎信也 (京都女子大准教授)


0831-004.jpg

約30名が参加して約1時間半のセミナーでした。


伝統工芸とは、時代に乗り遅れた工業の生き残り
伝統と呼ばれるようになってから漆器の将来はなくなった!


衝撃的な言葉で1回目の講演を締めくくりましたが、この続きは2回目で講師の視点で将来性について示してくれることでしょう。
前崎講師によるセミナーは今回が第1回目で、続きの第2回目は来年2月22日に開催される予定です。



輪島漆器業界は今なお苦境から脱せずに喘いでいます。
古い伝統を守っているだけでは伝統工芸の将来がないことは誰もが知っているはずですが、なかなか殻を打ち破ることができていません。

輪島漆芸研修所の卒業生が輪島に残り、既存の塗師屋としがらみのない中で新たな挑戦を続けています。
今回のセミナーでも卒業生が何人も参加していましたが、輪島漆器組合の理事の出席が少なかったことが残念です。


来年2月開催のセミナーには漆器組合の理事が積極的に参加することが必要だと思います。




長い夏休みが終わり、今日から2学期が始まります。
最も子ども達に異変が起こりやすい日になるようなので、保護者も学校も子どもの異変に気を配る必要があると言われています。


 
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム