FC2ブログ

「なでしこジャパン」からの贈り物

なでしこ

さまざまな競技のオリンピック選手たちが参加した「cheer!NIPPONスポーツフェスティバル」の一環として、「復興支援チャリティマッチ」が極寒の国立競技場でありました。

被災地の子供たちも招待され、ベンチ脇で観戦。
試合の合間には、選手たちがサインをして握手にも応じました。

「なでしこジャパン」が提案して実現したクリスマスのドリームマッチ。
男子の元代表選手も応じての試合には、3万人の観客が声援を送りました。

なでしこジャパン2

入場料収入のすべては、被災地のグランド修理や三陸沿岸のスポーツ環境の整備を支援するために役立てられます。

「人が力を合わせて何かをすると、人数以上の力が発揮されることもある。それはサッカーと通じるところがある。私たちにできることがあれば何でもします」(宮間あや)
「これからもサッカー界の心は被災地に向いています。ともに歩みましょう!」(澤穂希)

日本サッカー選手会では26・27日まで被災した各地でサッカー交流をしました。
なでしこたちのプレーも熱いですが、被災地への思いもまた強い。
そんな彼女たちの熱意に拍手を送ります。
 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム