FC2ブログ

H2Aロケット

1月27日午後、種子島宇宙センターから、政府の情報収集衛星「レーダー衛星4号機」を搭載した国産ロケット「H2A」22号機が打ち上げられた。

H2Aロケット

この情報収集衛星の導入は、1998年の北朝鮮のミサイル発射を機に決まったものです。
この間に、打ち上げの失敗や衛星の故障などで当初計画より10年遅れで監視網が実現することになります。
15年間で1兆円近くの巨費を投じています。

これで、すでに運用中の「レーダー衛星3号機」と「光学衛星」3基を合わせ、地球上のあらゆる地点を一日1回以上観測できる監視網が完成することになります。

しかし、地上の物体の識別能力は、アメリカの商業衛星と比較すると圧倒的に劣っています。

前回の北朝鮮のミサイル発射の時には、全く情報収集ができなかった日本です。

覇権主義の中国や、先軍・独裁国家の北朝鮮に対しては、日本独自の情報収集能力の保持は欠かせません。
この「レーダー衛星4号機」は、今後3ヶ月かけて機能の確認を行うようです。

わが国の安全保障と危機管理のためにも期待したいと思います。
 


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム