FC2ブログ

統合中学校の部活動

三井・松陵・上野台の3中学校を統合し、輪島中学校とすることが3月議会で決まりました。

統合に関する様々な問題や保護者の不安を払拭するために、昨年12月から4つの委員会でそれぞれ検討されてきました。
来春の開校に向けて、諸問題を解消すべく今後も準備委員会として検討を継続するそうです。

統合された来春の生徒数は、約470名になるそうです。

生徒数の増により、生徒の所属するクラブ活動も自ずとこれまでとは違ってきます。
クラブをするコートやグランドの利用法にも影響が出てきます。
また、小学生が所属するジュニア世代でやっていたスポーツクラブが中学校にはない、そんなことも現実問題としてあります。

サッカー

一例を挙げると、ジュニアサッカークラブは30年以上の歴史を持っていますが、残念ながら中学校には部活動がありません。
最も成長過程にある中学校で部活動ができないとなると、高校に入ってからサッカーを再度初めても他校との格差は大きくなるばかりです。
これはサッカーに限ったことだけではありません。
こんな状況では、子ども達にとって健やかな教育環境とは言えません。

今議会で、来春開校までに様々な問題をクリアして、生徒のアンケートも取りながら部活動の新設など環境の整備を図るべきだと指摘をしました。

吉岡教育長は、「部活動の新設については、保護者や生徒の思いを参考にしながら、実態に応じて検討をしたい。子ども達が健やかに部活動に専念できるよう、人材確保や環境作りに努める」と答弁しました。
教育長も、この件では同じ思いを持っていると確信しています。

統合に際しては、いつの時も様々な問題があると思います。
しかし、来春の統合が決定した今、教育委員会としては生徒が学習や部活動が存分に出来る教育環境を整備することが求められています。
しっかりとした対応に期待したいと思います。
 
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム