FC2ブログ

政治家不信

 ★鳩山由紀夫・元総理

これまでも「友愛」や「東アジア共同体」などと、意味不明な発言で物議を醸した鳩山・元総理。
今度は香港TVの取材に対して、尖閣諸島について「中国側から『日本が盗んだ』と思われても仕方がない」と話したと言います。
極めて遺憾な発言です。

★野中広務・元自民党幹事長

中国共産党の政治局の常務委員との会談で発言をしています。
「尖閣諸島の棚上げは日中共同認識だった。日中国交正常化交渉の際、当時の田中角栄首相と中国の周恩来首相の間で棚上げの合意があったという趣旨の話を、田中角栄氏から後に聞いた」と伝えたそうです。
これも万死に値する発言です。


鳩山氏や野中氏の真意は分かりませんが、国益を損ねたことは間違いのない事実です。
国権の中枢にいた二人の発言は、何の根拠もない話であっても中国にとっては大きな話題になります。

中国は東南アジア全域において、覇権主義をより鮮明にした国策を強いています。

中国に利用された政党や政治家がいて、歴史を歪めてまで日本国を非難する日本人がいます。
政界を引退している鳩山由紀夫・野中広務の二人、中国に利用され今なぜこんな発言をするのか大きな疑問です。
引退しているとはいえ、鳩山・野中両氏は国益を大きく損ねたことの責任を感じるべきです。

国際社会において、中国からの発信をそのまま信じる国は少ないと思います。

しかし、政界の中枢にいた人の発言は重いものがあります。
国会として毅然とした態度で、この二人に対して厳重注意をすべきでしょう。
それ以上の罰を与えられるなら、当然行使すべき事態だと思います。

尖閣諸島をめぐり、日中間では偶発的衝突の危険が迫っています。
これを受けて、米国上院外交委員会で「アジア太平洋における海洋問題の平和的解決を指示する決議案」を全会一致で可決し、本議会でも議決する見通しだといいます。

これほど中国に対しては、日本や米国、東南アジア諸国が危機感を抱いているにも関わらず、日本国内に売国奴のごとき発言をする政治家がいることに強い憤りを感じます。


☆安倍政権発足から半年です。
昨日で通常国会が閉会しました。
これから参院選へ突入し、各政党も選挙一色になるんでしょう。

東京都議選の投票率が10%以上下落してました。
参院選の投票率向上も見込めない現状です。
国民の政治への関心が失せているんでしょうか。
政治家への信頼と期待が持てなくなったせいでしょうか。
特に存在感を失っている参議院です。
 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫
プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2690)
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる