FC2ブログ

高齢化の陰部

先日、気になる記事を目にしました。

「超熟女専門店」なる派遣型売春クラブの経営者が逮捕されました。
女性従業員(64)を派遣し、都内の男性(82)に売春相手として紹介した容疑です。

46~73才の女性16人を派遣し、2001年以降の売り上げが3億円を超すといいます。
「年配者の需要が多かった」とも証言しています。
また、女性従業員の中には年金受給者や生活保護者もいたとのことです。

日本はこれから超高齢化社会を迎えます。
独居老人が増えているのが現実です。

売春の斡旋は間違いなく現行法では犯罪にあたります。
そんな中で、元気な老人が交際相手を売春という方法で探した行為は、はたして単なる犯罪として見過ごせないように思いました。

かつて日本では「赤線」と言われる国公認の売春施設があったと聞きます。
現行法で禁止されているなら、しっかりした国や地方自治体公認の交流施設を設置できる法律を整備すべきかもしれません。
すべての高齢者が利用するとは思いませんが、その需要があるならば法の整備について検討すべきだと思います。

この類についての議論はタブーとされていますが、あえて記事の斜め読みをして書き込みました。
 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム