FC2ブログ

水族館で殺虫剤

617-2.jpg

先日、羽生市にある「さいたま水族館」の庭池の魚が大量死したとの報道がありました。
先月末に羽生市を訪れたこともあり、大変ショッキングな事件でした。

海の無い埼玉県にある水族館で、元水族館職員(24才)が庭池に殺虫剤入りの泥団子を投入し、ニシキゴイやテラピアなど441匹を殺した事件です。

犯人の元職員は魚が好きだと言ってたそうです。
何かのトラブルで水族館を辞職したそうですが、犯罪に至るまでの間いったいどんな心境の変化があったんでしょうか。

大量の魚も死にましたが、犯人である若者も自らの人生を大きく傷つけてしまいました。
平常は常ではなく、自分の望まない場合であっても突発的に状況は変化することがあります。

時間をかければ水族館は平常に戻すことはできますが、犯罪を犯した人間を以前の平常に戻すことは不可能に近いと思います。
犯人が辞職して犯行に至る前に、何らかの打つ手があったように思えてなりません。
  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム