FC2ブログ

少年の主張

817.jpg 817-1.jpg

17日(日)は「少年の主張・輪島大会」があり、私も傍聴してきました。

市内3中学校から15名の生徒が発表しました。
当日は全校登校日として、市内全中学生630名が参加したそうです。

発表順に紹介します。

 1. 「人間関係」                門前中2年  梯  円華さん  
 2. 「魔法の言葉」               輪島中2年  平野 古都美さん
 3. 「平和への第一歩」            輪島中2年  竹園 雅さん
 4. 「家族がいることの大切さ」       東陽中2年  坂下 鈴佳さん
 5. 「がんばらないけどあきらめない」   輪島中2年  北濱 璃子さん
 
 6. 「ソフトボール部で学んだこと」     輪島中1年  皆谷 和香さん     
 7. 「皆さんは本を読みますか」      輪島中1年  宮本 乃梨子さん
 8. 「個性」                   東陽中1年  登岸 奏太くん
 9. 「私の夢」                  輪島中1年  浅野 至央里さん
10. 「自分は変われる」            門前中1年  平口山 榛花さん

11. 「日本人サポーターの行動から」   東陽中3年  神谷 しづきさん   
12. 「自分を鍛え続ける」           輪島中3年  黒田 陸斗くん  
13. 「コミュニケーションの大切さ」     門前中3年  星野 泰代さん
14. 「輪島中学校野球部」          輪島中3年  廣岡 勇人くん
15. 「いただきます・ごちそうさま」      輪島中3年  三谷 真央さん   

15名中12名が女生徒というのも今のご時勢でしょうか。

約5分間のスピーチですが、それぞれに暗記しており堂々たる発表でした。
最も多感な中学生が、それぞれの環境の中で感じたことを訴えていました。

コミュニケーション力が落ちていると言われますが、発表した生徒15名はそれぞれに訴える力を持っていたと思います。

審査の幕間に記念講演がありました。
  「夢に向けて」
    講師  谷内 雄亮さん(輪島市スポーツ推進室主事)
           元50km競歩日本代表選手

谷内さんは優しい口調で自らの経験を話し、子供たちへのメッセージを発していました。

これからの輪島市は元より日本を担う子供たちです。
傍聴した生徒たちは昨日の発表や講演をどのように受け止めたでしょうか。
できれば聞いてみたいと思います。

私自身が共感する発表がいくつかあり、私たち大人も今一度「少年の主張」に耳を傾ける必要があるように思いました。
 
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

kenji/sakamoto  wajima

Author:kenji/sakamoto wajima
FC2ブログへようこそ!

輪島市議会議員
輪島市サッカー協会:副会長

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新コメント
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム